【BMWのDIYオイル交換】メーターのリセットまで徹底解説

【BMWのDIYオイル交換】メーターのリセットまで徹底解説

BMWを購入した後の維持費を節約するための一番の方法は、車のメンテナンスをプロに依頼するのではなく、できる限り自分で行っていくということ。

自分でできる簡単な車のメンテナンスと言えば、ずばりオイル交換ですね。

ただ、BMWは輸入車ですし、どんなオイルを選べばいいのか、どのような方法でオイル交換をすればいいのか、分からずに困ってしまいます。

実際にオイル交換した後にオイルサービスのメーターをリセットしなければならなかったり、日本車にはない独特の作業も待ち構えていることも事実です。

そこで今回は、BMWのオイル交換の方法をメーターのリセットまで詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

エンジンオイル警告灯の点灯に気づく・・・

先日、中古で購入したBMW(E46)のエンジンオイル量警告灯が点灯していることに気がつきました。

BMWのエンジンオイルランプが点灯

エンジンを始動するときや走行中などはこの警告灯は消灯していて、エンジンを切るタイミングで点灯している様子です。

慌てて取扱説明書を開いてこの警告灯のところを読んでみると・・・

取扱説明書 3Coupe|BMW

出典)取扱説明書 3Coupe|BMW

ということで、エンジンオイルを補給しなければならないようですね。

こでまで普通の日本車に乗っている時はオイルを補給しなければならないような状況になったことがなかったので少し驚きましたが、BMWなどの輸入車は日本車よりもオイルの消費量が多いとのこと。

古い外車に一度でも乗った経験があれば「走ればオイルは減るものだ」という認識が自然と身に付くことになる。私も古い外車、プジョー604、VWビートル、VWカブリオレ、シトロエンBX、BMW318、フェラーリ328等、色々な中古外車に乗ってきたが、一番オイル消費の激しい車はシトロエンBXとフェラーリ328であった。極端に消費したので毎日乗る前にオイルを点検補充するのが習慣となった。500km走行したら500cc補充を必要とした。うっかり点検補充を怠ると、レベルゲージの下限より下にいってしまう。

引用)第十三章 エンジンオイル消費について深く掘り下げ考察する|藤沢公男が提唱する進歩的メンテナンス術

初めてBMWにお乗りになられたお客様や、Mシリーズをお乗りになられたお客様はきっとこう思われていると思います。

「オイルの減りが早いなぁ?」と、特にMシリーズはいまどきの車としてはビックリな位減ると思います。

BMWAG(メーカー)が発行する資料によりますと、オイル消費量は以下のように定義されております。

ガソリン・ディーゼル車最大消費許容量

0.7L/1000?

Mエンジン最大消費許容量

1.5L/1000km

これを見ますと、Mエンジンは本当に多く消費しますね。

引用)BMWエンジンのオイル消費量|国際興業 Girls Talk

という感じで、このオイルが消費されることによってオイル警告灯が点灯するということは、輸入車の世界では当たり前だということは分かりました。

ただ、私は輸入車に関して全くの素人で、オイルを継ぎ足せばいいよと言われても、どのオイル(メーカー、銘柄、グレードなど)を購入すればいいのかよく分かりません。

そこで、この車を購入したお店に問い合わせてみたところ、「その警告灯が付いている理由は、オイルが減っているからです。ただ、前回のオイル交換から10000km近く走っているので、オイルを継ぎ足して使うよりオイル交換した方がいいですよ。」とのことでした。

BMWオイル交換の目安

BMWのメーターの下の方に表示されるオイル交換時期のお知らせは25000km毎(走行距離とは一致しない)に設定されていますが、実際のところ、輸入車専門店などのお店ではそれよりももっと早めの5000kmか、長くても8000kmでオイル交換をするように勧めているようです。

オイル劣化の進み具合は、オイル温度とエンジン負荷とに左右されるので、ベンツやBMWなどドイツ車の一部では、車載コンピュータでそれらを常時監視し、オイルの劣化度合いを演算して、寿命が来たと判断されるときには、警告灯によってユーザに知らせるなど、非常に合理的にオイル交換を指示するものもあります。 日本車は全て走行距離と年月で単純に交換時期を表示していることから、真夏の高温時に山岳路を走行するなどの厳しい条件もある程度想定して1.5万km(平均時速25km/h×600h、100℃程度)が設定されているのです。

引用)No.420 適正なオイル交換時期|エンジンオイルのお話

エンジンオイルの交換サイクルは25,000kmが推奨されています。しかし、実際には走行状況を判断してオンボードコンピュータが適切な交換サイクルを計算してくれます。単純に25,000kmごとに交換すれば良い訳ではありませんので注意してください。例えば、短距離の買い物や通勤といったシビアコンディション(車にとって劣悪な条件での使用)では、オンボードコンピュータに表示される距離数は実際に走行した距離数以上に減って行きます。
実際にこのオンボードコンピュータの表示に従って交換してもまったく問題ありません。故障なく走ることは確かですが、エンジンの中を見ると目に見えて汚くなります。長く大切に乗りたいのであれば早めの交換をおすすめします。

引用)E46/E90の維持のコツ⑤ – 消耗品の交換手順(1/2)|KOMIYAMA

25000kmまで交換不要と謳われているBMWのロングライフオイルですが

化学合成オイルは、鉱物オイルと比べて劣化スピードは遅くなりますが

汚れ方は鉱物オイルと変わらず

交換サイクルが早いエンジンとでは、スラッジが雲泥の差だと思います

25000km毎にしても特に問題ないと思いますが

やっぱり・・・・・交換は、遅いより早い方が良く

個人的に、日本だと15000km/2年ぐらいがボチボチだと思います

引用)BMW ロングライフオイル etc.|BMW自動車t3109

約5000km毎の交換をお薦めします
7~8000kmまでで交換される場合はロングライフオイルを選ぶ必要がございません。ロングライフレスのオイルの方がフリクションが低くくなります
BMWのオイルサービスの通りにするとエンジン破損したりすることは無いですが、スラッジの堆積とフリクションが大きくなることも事実です

引用)エンジンオイル交換|BMW専門店アシスト京都

BMWのメーカー指定が25000km毎ならそれまでオイル交換せずにオイルを継ぎ足して使っていこうかなぁとも思ったのですが、長いものには巻かれろということで、今回はこの車を購入したお店の人の話を素直に聞き入れてオイルの継ぎ足しではなく、オイル交換をしてみることにしました。

次のページでは、オイル交換のために必要な物についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました