【軽バン】スライドドアの開け閉めが重く固くなってきた時の対処法

軽バンのスライドドアの開け閉めが固い時は注油

手で開け締めするタイプのスライドドアは、購入から数年が経過してくると開け締めがどんどん固く重くなってきます。

これは、スライドドアの裏側にあるレールの上を転がっているローラーの動きが悪くなってきているというのが原因であることがほとんどです。

このローラーの動きをなめらかにするための一番簡単な方法は注油で、ほとんどの場合はそのローラーへの注油でスライドドアの開け閉めがとても軽くなります。

そこで今回は、軽バンの重くなってしまったスライドドアを注油メンテナンスする方法についてお話していきます。

スポンサードリンク



▼おすすめ記事▼


車内灯(ルームライト)が消えなくなる原因とその対処法まとめ
車の飛び石小キズのDIY塗装修理(サビ落としからタッチペンまで)
【完全保存版】自動車カーエアコンの冷媒ガスを自分で補充する方法
車のドアや窓、フロントガラスのゴムパッキンを自分で修理する方法
【パルス充電器】車のバッテリー性能をDIY再生させる方法

スライドドアへの具体的な注油方法

まずはじめに、スライドドアのローラーがどこにあるのかを確認していきます。

一般的なスライドドアの場合、そのドアを支えるためのローラーはスライドドアの前側の上下と後側の中央辺りについています。

軽バンのスライドドアローラーの位置

ドアを開けて裏側を覗いてみると、このような感じになっていて、レールの内側にローラーを確認することができると思います。

スライドドアのローラー

ローラーは上下方向の荷重を支えるもの(下図、下)と左右方向の荷重を支えるもの(下図、右上)の2つが備わっています。

スライドドアのローラーの位置

ここまで確認することができたら、KURE556などの潤滑油をそれぞれのローラーに吹き付けてあげましょう。

スライドドアの注油に使ったKURE556

軽バンのスライドドアの開け閉めが固い時は注油

この注油は、先ほどお話したスライドドアにある3箇所のローラー取付部全てに行っていきます。

注油後は、スライドドアを数回明け締めして油をなじませてあげます。

すると、ドアの開閉が軽く、なめらかになっているのを実感できると思います。

お疲れ様でした。

これで、スライドドアのローラーへの注油は完了です。

最後に一言

今回は、【軽バン】スライドドアの開け閉めが重く固くなってきた時の対処法についてお話しました。

基本的に軽バンなどのスライドローラーはこのように注油してやると、ドアの開閉をなめらかにすることができます。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

故障修理
DIYメンテナンスマニア

当ブログ運営者。幼い頃からエンジン付きの乗り物に憧れがあり、大人になってから大好きな車のメンテナンス整備(ユーザー車検含む)を存分に楽しんでいる。自動車の個人売買(ヤフオクやメルカリなど)の経験もあるため、自分で名義変更手続きする方法も熟知。メカを楽しむ人向けにDIYメンテナンス情報をお届けしている。

DIYメンテナンスマニアをフォローする
DIYメンテナンスマニア
タイトルとURLをコピーしました