タイロットエンドブーツの交換費用相場とDIY交換方法まとめ

タイロッドエンドブーツのDIY交換方法

車を購入してから10年ぐらい経った頃の車検や法定点検で交換部品の必要がありますと言われるのが、タイロッドエンドブーツです。

タイロッドエンドブーツは黒色のゴム製のパーツで、ボールジョイントの周りにたっぷり塗りつけたグリスが飛び散らないようにするための部品(片側1個で500円程度)です。

ボールジョイントの周りをこのような構造にすることによって、ボールジョイント内部に水分が侵入し、内部が錆びて固着するのを防いでいます。

ただ、このゴム製のブーツはだいたい10年ぐらい経ってくると、ひび割れがひどくなって穴が空き、中のグリスが飛び出してしまうことがよくあります。

このような状態だと車検に通らないため、修理する必要があるのですが、ボールジョイントが錆びついて固着してしまっているような場合、タイロットエンド(約3000円/個)そのものを交換しなければならなくなってしまい、その後アライメント調整(約1~2万円)まで必要になってきてしまいます。

こうなってしまうと修理費用が高くなってしまいますので、そうなる前にタイロットエンドブーツを事前交換しておくのがベターです。

そう思ってブーツを交換しようと思っても、車屋さんにお願いした場合、交換費用の相場は1箇所あたり3000~10000円もしてしまいます。

色々と検討した結果、自分でパーツを取り寄せ、DIY交換することにしました。

今回は、そんなタイロッドエンドブーツを自分で交換する具体的な方法について、写真付きでステップ毎に詳しくお話してきます。

なお、ロアアームについているボールジョイントブーツの交換方法については、こちらの記事で紹介しています。

>>ロアアームのボールジョイントブーツ交換方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました