タイロットエンドブーツの交換費用相場とDIY交換方法まとめ

タイロッドエンドブーツのDIY交換方法

車を購入してから10年ぐらい経った頃の車検や法定点検で交換部品の必要がありますと言われるのが、タイロッドエンドブーツです。

タイロッドエンドブーツは黒色のゴム製のパーツで、ボールジョイントの周りにたっぷり塗りつけたグリスが飛び散らないようにするための部品(片側1個で500円程度)です。

ボールジョイントの周りをこのような構造にすることによって、ボールジョイント内部に水分が侵入し、内部が錆びて固着するのを防いでいます。

ただ、このゴム製のブーツはだいたい10年ぐらい経ってくると、ひび割れがひどくなって穴が空き、中のグリスが飛び出してしまうことがよくあります。

このような状態だと車検に通らないため、修理する必要があるのですが、ボールジョイントが錆びついて固着してしまっているような場合、タイロットエンド(約3000円/個)そのものを交換しなければならなくなってしまい、その後アライメント調整(約1~2万円)まで必要になってきてしまいます。

こうなってしまうと修理費用が高くなってしまいますので、そうなる前にタイロットエンドブーツを事前交換しておくのがベターです。

そう思ってブーツを交換しようと思っても、車屋さんにお願いした場合、交換費用の相場は1箇所あたり3000~10000円もしてしまいます。

色々と検討した結果、自分でパーツを取り寄せ、DIY交換することにしました。

今回は、そんなタイロッドエンドブーツを自分で交換する具体的な方法について、写真付きでステップ毎に詳しくお話してきます。

なお、ロアアームについているボールジョイントブーツの交換方法については、こちらの記事で紹介しています。

>>ロアアームのボールジョイントブーツ交換方法まとめ

スポンサーリンク

タイロッドエンドブーツを交換するために必要なもの

まずはじめに、タイロッドエンドブーツを交換するために必要なものについてお話していきます。

【必要なもの1】タイロッドエンドブーツ

タイロッドエンドブーツ

タイロッドエンドブーツは、ネットショップで購入(約500円/個)することができます。

車種ごとに種類が異なるため、適合確認が出来るショップで購入するのがおすすめです。

例えば、モノタロウというネットショップでは車検証に記載の情報を入力すれば、適合する部品を見つけられる自動車部品検索というものがありますので、それを利用するのがおすすめです。

>>自動車部品検索|モノタロウ

下記のようなページが開いたら、車検証に記載の「型式」、「型式指定番号」、「類別区分番号」を入力します。

自動車部品検索 - MonotaRO

すると、検索結果が表示されますので、上から順に「車種」、「ゴムパーツ」にチェックを入れ、「検索」をクリックしていきましょう。

自動車部品検索結果 - MonotaRO

ここで適合するパーツがズラッと表示されますので、その中からタイロッドエンドブーツを必要数量(フロントの左右を同時交換する場合は2個)購入しておきましょう。

自動車部品検索結果2 - MonotaRO

【必要なもの2】グリス

モノタロウで購入した等速ジョイントグリス

タイロッドエンドブーツを交換する際、中に充填されていた古いグリスは拭き取って取り除き、あたらしいグリスを充填します。

グリスはモノタロウで売られていた等速ジョイント用のグリス(約300円、150g)を使いました。

【必要なもの3】ボールジョイントプーラー

ボールジョイントプーラー

タイロッドエンドブーツを交換するためには、ボールジョイントを抜き取る必要があります。

その際に使うのがボールジョイントプーラーで、アマゾンなどで1500~2000円程度で購入することができます。

ネットなどではハンマーで叩いて取り外す方法なども紹介されていますが、うまく外せないことも多々ありますし、何より足回りを痛めてしまうこともあります。

ボールジョイントプーラーを使ったほうが短時間で確実に作業を進めていくことができますので、このタイミングで購入しておくことをおすすめします。

【必要なもの4】マイナスドライバーとカナヅチ

マイナスドライバーでタイロッドエンドブーツを外す

マイナスドライバーと金槌は、マイナスドライバーの先端を金槌で隙間に叩き入れ、ブーツを取り外す際に使います。

ドライバーを叩く力はそこまで強くありませんので、貫通ドライバーでなくても普通のマイナスドライバーで代用してもOKです。

【必要なもの5】挿入治具(自作)

塩ビパイプで作ったタイロッドエンド部ウーツの挿入治具

タイロッドエンドブーツを取り付ける際、ブーツがぴったりはまるぐらいの内径のパイプを切断した自作治具を使い、ハンマーで叩き込んで挿入していきました。

今回(ミライース)の場合、水道部材の塩ビパイプ(VP30、約400円/m)にボールジョイントがピッタリと収まる感じだったので、のこぎりで切断して治具を自作しました。

塩ビパイプにタイロットエンドブーツがぴったりはまる

タイロットエンドブーツが塩ビパイプに入った

のこぎりで塩ビパイプを切断

プライヤーだけでもブーツを挿入することも可能ですが、こういった治具を使ったほうがブーツに傷をつけずに挿入することができますので、ご参考まで。

【必要なもの6】メガネレンチ

タイロッドエンドのナットをメガネレンチで緩める

メガネレンチは、タイロッドエンドのナットを外したりする際に使います。

今回は14mmのサイズのものが必要となりましたが、車種によってメガネレンチのサイズが若干異なりますので、ご自身の車にあったサイズのレンチを準備しておきましょう。

【必要なもの7】タイヤ交換に必要な道具

タイヤを取り外す

タイロッドエンドブーツの交換作業はタイヤを取り外して行います。

タイヤ交換に必要な道具一式(ジャッキ、タイヤレンチなど)も準備しておきましょう。

次のページでは、タイロッドエンドブーツの具体的な交換方法についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました