カーエアコン添加剤のDIY施工方法(パワーエアコンプラス編)

カーエアコン添加剤(ワコーズパワーエアコンプラス)を自分で施工する方法

燃費向上やエアコンガス漏れ故障の予防などを目的に施工するカーエアコンの添加剤。

カーエアコンの添加剤の効果はフリクションロスを低減することによる低燃費だと思われがちですが、その他にもカーエアコンの接続部に使われているOリングと呼ばれるゴム製のパーツを保護するための添加剤も配合されていて、カーエアコンの冷媒漏れによる故障を未然に防ぐという効果もあります。

色々と調べてみるとわかりますが、カーエアコンの添加剤はネットなどで3000円程度で販売されていたりするので、気になっている人も多いのではないかと思います。

実際に購入施工してみたいのだけれど、

  • どんな道具が必要なのか?
  • どうやって施工すればいいのか分からない・・・

という風に感じているのではないでしょうか?

そこで今回は、カーエアコン添加剤として定評のあるワコーズのパワーエアコンプラスの使い方について、ステップごとに詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

施工に必要なものについて

まずはじめに、カーエアコンの添加剤を施工するために必要なものについてお話していきます。

カーエアコン添加剤

カーエアコンの添加剤を施工する方法(ワコーズパワーエアコンプラス)

カーエアコン添加剤はいろんな種類がありますが、今回はこのような小さな缶タイプ(ワコーズ パワーエアコンプラス)を施工することにしました。

ちなみに、市販のカーエアコン添加剤はR-134aというタイプの冷媒対応となっており、その他の冷媒が充填されている車(相当年式の古い車のR12、新しい車に搭載されだしたHFO-1234yf)には施工できません。

R-134a冷媒に対応したカーエアコン添加剤

自分の車がどの冷媒を使用しているかどうかについては、ボンネットの裏側に貼り付けられているシール(下図)を確認してみると良いでしょう。

冷媒の種類はボンネットの裏のシールを確認

このシールにR134a(またはHFC134a)と書かれていればOKです。

スポンサーリンク

チャージングホース

カーエアコンのオイル添加剤を補充する際に使うチャージングホース

次に準備しなければならないのが、このようなチャージングホースと呼ばれるものです。

今回使ったのは、冷媒充填の際に使用したゲージ付きのチャージングホースで、アマゾンで約2500円で購入したものです。

添加剤を充填する際に、ホースの左側には添加剤の缶をセットし、ホースの左(クイックカプラ)側をカーエアコンに接続します。

カーエアコンの添加剤をチャージングホースにセット

低圧側にクイックカプラを接続

ですので、片側には缶がセットできる蝶ネジ付き、もう片側にはクイックカプラが付いているチャージングホースを手に入れてください。(丸い圧力ゲージは付いていないものでもOKです。)

アマゾンなどで「R134a カーエアコン チャージ」などと検索すると見つけられると思いますので手に入れておきましょう。

次のページでは、カーエアコン添加剤の具体的な施工方法についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました