【風が生臭い】車のエアコンのエバポレーターを自分で洗浄する方法

車のくさいエアコンのエバボレーターを洗浄

車は購入してから数年が経過すると、夏場のエアコンから生臭いにおいが発生し始めます。

その原因はエバポレーターと呼ばれるアルミ製の熱交換器に付着したカビです。

実際に試してみると分かるのですが、このカーエアコンのカビ臭はカー用品店などに売られているような消臭剤などでは完全にその臭いを消すことはできません・・・。

カーエアコンから出てくるにおいを完全に消すためには、エバポレーターについたカビを取り除く必要があり、クリーニングを業者に依頼すると5,000~10,000円の費用がかかってしまいます。

ただ、DIYがある程度得意な人であれば、ルームエアコン用の洗浄スプレーなどを使って自分でエバポレーター洗浄を行うことも可能です。

そこで今回は、自分でカーエアコンのエバポレーターを洗浄して、気になるカビのにおいを消臭する方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

車のエバポレーター洗浄に必要なもの

まずはじめに、車のエバポレーター洗浄に必要なものについてお話してい行きます。

エアコン洗浄スプレー

エバポレーター洗浄で使うエアコン洗浄スプレー

車のエバポレーターの汚れ落としには、ホームセンターなどで購入(約400円)できる家庭用エアコンの洗浄スプレーを代用していきます。

車のくさいエアコンのエバボレーターを洗浄

柄の長いブラシ(歯ブラシ+割り箸)

車のエアコンのエバポレーター洗浄で使うブラシ

エバポレーターの前面側(入口側)には、ホコリやカビが頑固に付着しているため、上記の洗浄スプレーだけではうまく汚れを落とせないことがあります。

私が愛用しているのは歯ブラシに割り箸をテープで固定したもので、これを使えばホコリなどの繊維汚れ(カビが生える原因)までキレイに取り除くことができます。

水差し

水差しでエバポレーターをすすぐ

エバポレーター洗浄のコツは、洗浄スプレーやブラシを使って汚れを落とした後に大量の水で落ちた汚れを社外に洗い流すことです。

植物などに水をあげる時に使う水差しなどがあると便利だと思います。

プラスドライバー

プラスドライバーで内装を剥がす

エアコンのエバポレーターを洗浄するためには、車の内装部品を取り除く必要があり、プラスドライバーなども必要になることがあります。

次のページでは、エバポレーターの具体的な洗浄方法についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました