【簡単修理】ブレーキウィンカーランプの割れを接着剤で補修する方法

ブレーキランプの割れを補修する方法

ブレーキウィンカーランプを少しぶつけてしまって、ヒビが入ってしまった・・・

バリバリに割れてしまっているわけではないので部品を交換するほどでもなさそうなのだけれど、雨の日の後などは中が曇ってしまっている・・・

そんな場合は、アクリルサンデーと呼ばれる透明な接着剤を使うことで、ブレーキランプの割れを補修することができます。

そこで今回は、ブレーキウィンカーランプのヒビ割れを自分で修理する具体的な方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

ブレーキランプの割れ補修に必要なものまとめ

まずはじめに、ブレーキランプの割れ補修に必要なものについて紹介していきます。

【必要なものその1】アクリル樹脂用接着剤

ブレーキランプの割れ補修に使うアクリル接着剤

ブレーキランプの割れはアクリル樹脂用の接着剤(アクリルサンデー)で補修することができます。

この接着剤は、ホームセンターで1000円ぐらいで購入することができますので、準備しておきましょう。

【必要なものその2】ブレーキランプ取り外し道具(ドライバーなど)

ブレーキランプを取り外すためのドライバー

ブレーキランプの補修は、取り外して行ったほうがキレイに直すことができます。

今回の場合はプラスドライバーのみで取り外すことができましたが、自分の車に合わせて必要な道具を準備しておいてください。

【必要なものその3】ヘアドライヤー

ヘアドライヤーでブレーキランプの中の湿気を乾燥させる

今回はブレーキランプの中に水分が侵入していたため、レンズが曇ってしまっていました。

レンズ内部の湿気を追い出すためにヘアドライヤーなども準備しておくと良いでしょう。

次のページでは、具体的なブレーキランプ補修の工程についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました