DIYスロットル洗浄でノア(ヴォクシー)のアイドリング不調を直す方法

スロットル洗浄でノア(ヴォクシー)のアイドリング不調を直す方法

トヨタのミニバンであるノアやヴォクシーは、10万キロを超える過走行になってくると、エンジン不調(アイドリング回転数が安定しない)症状が発生します。

その原因はスロットルバルブ周りがブローバイガスで汚れることにより、うまく吸入空気量をコントロールできなくなってしまうから・・・。

そこで、今回は、このスロットル周りの汚れをDIY清掃することにより、ノアのアイドリング不調を改善する方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

過走行のノアがエンジン不調になる原因

走行距離が17万キロに近づいてきた我が家のノア(AZR60)ですが、最近アイドリングの回転数が不安定になるという直噴エンジン特有のアイドリング不調が発生してきました。

このノアに積まれているエンジンの特徴として、排気ガスを浄化するために汚れたブローバイガスをもう一度スロットルバルブ手前辺りから吸い込ませて、エンジンで再燃焼させるという機構が組み込まれています。

それに加えて、この形式のノアの場合、電子制御スロットルをほんの少しだけ開閉させながらアイドリング時の吸気量を調整してアイドリング回転数を制御しています。

スロットル洗浄でノア(ヴォクシー)のアイドリング不調を直す方法

この電子スロットルバルブ周りにブローバイガスに含まれるカーボンなどの汚れが蓄積してしまうと、アイドリング時の吸気が上手く調整できずに、アイドリング回転数が不安定になってしまうという現象が発生してしまいます。

基本的には、このスロットルバルブ周りの汚れを落とすことができれば、アイドリング回転数を安定させることができます。

スロットルバルブの清掃に必要なもの

まずはじめに、スロットルバルブの清掃に必要なものについてお話していきます。

スパナ(10mm)

10mmのスパナは、エンジンコンピューターを固定しているナットを外したり、バッテリーターミナルを外す時に使います。

10mmのスパナでコンピューターの固定具を外す

バッテリーのマイナスターミナルを外す

安いものならホームセンターなどで1000円ぐらいで購入することができます。

プラスドライバー

プラスドライバーは、インテークホースのホースバンドを外す時に使います。

インテークホースのホースバンド

プラスドライバーはインテークホースのホースバンドを外すときに使う

軍手

スロットルバルブの清掃は、軍手をボロ布代わりに使っていきます。

エンジン清掃後の軍手

キャブクリーナーなどを使って清掃してもOKですが、軍手だけでも十分汚れを落とすことができますよ。

次のページでは、スロットル洗浄の具体的な方法についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました