【アイドルバルブ清掃】アイドリングが不安定なBMW車のメンテナンス方法

【アイドルバルブ清掃】アイドリングが不安定なBMW車のメンテナンス方法

最近、我が家のBMW(E46、約7万キロ)のアイドリングが不安定になってきました。

今のところエンストするというレベルにまでは至っていないのですが、この時代のBMW車はアイドルバルブ(ISV)にカーボンが付着蓄積することによって、アイドリング時の吸気量の調節が上手くいかず、アイドリングの回転数が不安定になるというトラブルが多いようです。

この症状を改善するためには、①アイドルバルブの交換(部品代2~4万円前後)するか、または②アイドルバルブを清掃して内部に付着しているカーボンを取り除く必要があります。

ネットでいろいろ調べてみると、新品アイドルバルブへの交換は最終手段という位置づけになっていて、多くのBMWオーナーは定期的にアイドルバルブの清掃を行うことで、このようなトラブルを回避している模様・・・。

普通ならショップやディーラーに新品部品への交換作業を依頼するところなのですが、予算の関係上、「なんとか自分でアイドルバルブを清掃することができないか?」ということで、アイドルバルブのDIY清掃に挑戦してみました。

作業時間は素人の私の場合で4~5時間程度という感じで、そこそこ大変でしたが、なんとかやり遂げることが出来ました。

今回は、そんなアイドルバルブの清掃によるメンテナンスの方法について、それに必要な工具などの紹介から具体的な手順まで写真を交えながら詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

アイドルバルブを清掃するために必要なもの

まずはじめに、アイドルバルブを清掃するために必要なものについてお話していきます。

【必要な物その1】プライヤー

まずはじめに用意しておきたいのがプライヤーです。

プライヤー

こんな感じで、プラスチックでできたリベットを取り外す時に使います。

【必要な物その2】トルクスレンチ(ヘックスローブ、T30、T40)

トルクスレンチ

次に準備しておきたいのが、トルクスレンチ(ヘックスローブ、六角レンチではなく星型のもの)です。

マイクロフィルターの受け皿を取り外したり、エンジンについている部品を取り外したりする時に使います

マイクロフィルターの受け皿を取り外したり、エンジンについている部品を取り外したりする時に使いますので、T30とT40という2種類のサイズのトルクスレンチを準備しておきましょう。

【必要な物その3】レンチ(10mm、8mm)

レンチ(10mm、8mm)

レンチは、ホースバンドを外したり、エンジン周りの部品を取り外したりする時に使います。

8mmと10mmのレンチを準備しておきましょう。

ちなみに、8mmのレンチはホースバンドを取り外す時に使うものですが、小さなマイナスドライバーで代用することも可能です。

【必要な物その4】エンジンコンディショナーとパーツクリーナー

エンジンコンディショナーとパーツクリーナー

アイドルバルブに付着したカーボンを清掃する時に使うのが、エンジンコンディショナー(キャブクリーナー)とパーツクリーナーです。

汚れをふき取るために使うボロ布も準備しておくと良いでしょう。

【必要な物その5】シリンダースプレー

シリンダースプレー

シリンダースプレー(鍵穴などに使う粉状の潤滑剤、300~400円)は、アイドルバルブの清掃後の潤滑剤として使います。

シリンダースプレー(鍵穴などに使う粉状の潤滑剤、300~400円)は、アイドルバルブの清掃後の潤滑剤

シリンダースプレーは一般的な潤滑スプレーと違って、粉状でベタベタしないもので潤滑を持たせることができますので、一般的な潤滑スプレーなど同様に潤滑を得つつ、埃などの付着を妨げることができます。

次のページでは、アイドルバルブの具体的な洗浄方法についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました