車のドアや窓、フロントガラスのゴムパッキンを自分で修理する方法

車のゴムパッキンのヒビ割れ

車のドアや窓、フロントガラスなどの防水ゴムパッキンは、経年劣化によってひびや割れ、切れが出てきます。

ゴムパッキンを新品に交換する場合、一箇所につき数千円、ドアや窓、フロントガラスなどのゴムパッキンもへたってくることを考えると、車一台辺り数万円の費用がかかってしまうことも・・・。

ただ、このゴムパッキンはホームセンターなどで購入(約760円)できる専用の補修材を使って修理すれば、今のゴムパッキンのまま無交換で使い続けることが出来ます。

そこで今回は、このような補修材を使って車のゴムパッキンを自分で修理する具体的な方法についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



メンテナンス

DIYメンテナンスマニア

当ブログ運営者。幼い頃からエンジン付きの乗り物に憧れがあり、大人になってから大好きな車のメンテナンス整備(ユーザー車検含む)を存分に楽しんでいる。自動車の個人売買(ヤフオクやメルカリなど)の経験もあるため、自分で名義変更手続きする方法も熟知。メカを楽しむ人向けにDIYメンテナンス情報をお届けしている。

DIYメンテナンスマニアをフォローする


DIYメンテナンスマニア
タイトルとURLをコピーしました