【BMW】ブレーキパッドとディスクローターのDIY交換方法

【BMW】ブレーキパッドとディスクローターのDIY交換方法

BMWの車検や定期的なメンテナンス、ブレーキの警告灯が点灯などのタイミングで交換しなければならなくなるブレーキパッドとディスクローター・・・。

「なんとか安くブレーキパッドとディスクローターを交換することができないか?」

いろいろ調べてみると、BMW(Z4)の場合、ブレーキパッド&ローター(スリット入り)のセット(DIXCEL、フロント左右)が約23000円で購入できることが判明!

そこで今回は、BMWのブレーキパッド&ディスクローターの交換作業について、ブレーキパッドやローターの購入方法から、必要となる工具の紹介、そして具体的な作業手順について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

ブレーキパッドやローターは自分で交換しても良いのか?

具体的な作業の説明に入る前に、ふと疑問に思ったことがありました。

「ブレーキパッドやローターは、自分で交換してしまってもいいものなのか?」

このことを正しく理解するためには、該当する作業が法律上どのような取り扱いをされているかということを知っておく必要があります。

まず、ディスクローターの交換作業は、「道路運送車両法施行規則」の中の「分解整備」に該当します。

第三条  法第四十九条第二項 の分解整備とは、次の各号のいずれかに該当するものをいう。

(中略)

五 制動装置のマスタ・シリンダ、バルブ類、ホース、パイプ、倍力装置、ブレーキ・チャンバ、ブレーキ・ドラム(二輪の小型自動車のブレーキ・ドラムを除く。)若しくはディスク・ブレーキのキャリパを取り外し、又は二輪の小型自動車のブレーキ・ライニングを交換するためにブレーキ・シューを取り外して行う自動車の整備又は改造

引用)道路運送車両法施行規則

では、この分解整備というのは誰が行うべきなのかというと、こちらの記事が参考になると思います。

自動車の使用者本人が上記の分解整備を行った場合は、点検整備記録簿に記入し、2年間保存しなければなりません(道路運送車両法第49条2、自動車点検基準第4条2)。以前は、使用者本人が分解整備をしたときは、国の検査場での分解整備検査が義務付けられていましたが、平成10年に廃止になりました。

分解整備も、前ページの定期点検同様、使用者本人で分解整備ができる人は少数派でしょう。そこで分解整備も委託することができます。委託する際は、必ず分解整備事業者(認証整備工場や指定整備工場)に委託してください。分解整備事業者以外が他人の車の分解整備を行うことはできません。

ディスクパッド交換のページでもふれましたが、分解整備は安全上重要な部分の整備です。十分な知識・技術のある方は自分で行ってもかまいませんが、自信のない方は分解整備事業者に委託することを管理人としてはお勧めします。

引用)分解整備の定義|ちょっと得するかも?

このように他人の車を整備する(お金の受け渡しの有無は関係なし)場合は自動車整備士という資格が必要となります(責任問題があるため)が、自分の車を自分で整備する場合は特に資格がなくてもOKということ。

良く考えてみると、ユーザー車検といって、自分で法定点検及び必要整備をして、陸運局で車検を通している人はたくさんいますし、そういった人達は車検に通すために必要な分解整備を自分自身の手で行っているわけです。

ですから、「自分の車を自分で分解整備する」という点については、自己責任で行う分にはOKで、自分で責任が持てない(知識やノウハウがない、自信がない)場合は、有資格者(車屋さん)などに分解整備をお願いするという判断になるのだと考えておきましょう。

なお、ブレーキパッドの交換作業後、その内容を記録に残してく必要はありませんが、例えば車検や法定点検などのタイミングでパッド交換を行った場合であれば、点検整備記録簿にブレーキパッド残量などを記載する欄がありますので、そこにディスクパットの残り厚さを記載していのがいいでしょう。

ブレーキパッド作業可否のポイント

  • ブレーキパッドの交換は「分解整備」となる
  • 整備士の資格がない人が、他人の車のブレーキパッド交換は法律で禁止されている
  • 自分の車であれば法律的には禁止されておらず、自己責任となる(ユーザー車検の考え方)
  • 経験などがあり、自分で責任が持てる人以外はDIY交換は避け、有資格者(業者)に依頼する

ブレーキパッドとディスクローター交換に必要なもの

ここからは、ブレーキパッドとディスクローターを交換するために必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】ブレーキパッド&ローター

まずはじめにお話しておきたいのは、ブレーキパッドとローターをどうやって購入するかと言うことです。

私の場合、自動車整備のプロではないため、どうやって車に合った型番のブレーキパッドとローターを手に入れるかということが課題になっていたのですが、最近はネットショップなどある問い合わせフォームから、自分の車の型式や年式を記載して問い合わせることで、自分の車に合った部品を取り寄せることができます。

ちなみに今回は使ったのはこの部品です。

BMW Z4 E85 E86 BT22 BT25 BU25 リアスリットローター&パッド|ヤフオク!

出典)BMW Z4 E85 E86 BT22 BT25 BU25 リアスリットローター&パッド|ヤフオク!

フロントブレーキとディスクローター(スリット入り)のフロント左右2本分セットで約23000円でした。

大切なことは、事前に適合を確認しておくということです。

今回はヤフオクでの購入でしたが、事前の問い合わせで自分の車に適合していることがわかりました。

この時点でブレーキパッドとディスクローターの注文を行い、注文してから約3日後、ダンボールに梱包されたブレーキパッドとディスクローターが届きました。

ブレーキパッドとディスクローターの注文を行い、注文してから約3日後、ダンボールに梱包されたブレーキパッドとディスクローターが届きました

このような手順(適合確認)をしっかりとやっていけば、自分の車に合ったパーツを確実に手に入れられますので、パーツの取り寄せ方の参考にしてみてください。

【必要なものその2】タイヤ交換に使う車載道具

タイヤ交換に使う車載道具

ブレーキパッドとディスクローターを交換するためには、タイヤを取り外す必要があります。

タイヤ交換するために必要なジャッキとトルクレンチ(車載工具などで可)を1セット準備しておきましょう。

【必要なものその3】六角レンチ(7mm、6mm)

六角レンチ(7mm、6mm)

ブレーキパッドを交換するためには、7mmの六角レンチを使ってブレーキキャリパーの固定ボルトを緩める必要があります。

一般的に7mmの六角レンチは余り見かけないものなので、大きめのホームセンターや工具専門店などに行って購入しておきましょう。

また、ディスクローターを取り外す際に、6mmの六角ボルトを緩める必要があります。

ディスクローターを取り外す際に、6mmの六角ボルトを緩める

6mmの六角レンチか、6mmの電動ドライバのソケットなどを準備しておきましょう。

【必要なものその4】メガネレンチ(16mm)

メガネレンチ(16mm)

ブレーキのマウンティングブラケットを取り外すためには、16mmのメガネレンチが必要になります。

【必要なものその5】プライヤー

新品のブレーキパッドは、これまで使っていた磨り減ったブレーキパッドより厚みがあるため、それを装着するには事前に前に出たピストンを押し戻しておく必要があります。

ブレーキピストンが出っ張っている状態

ブレーキピストンを押し込んだ状態

本来であれば、専用の工具「ディスクブレーキピストンツール」を使うのですが、プライヤーで代用することができます。

今回は、自宅にあったプライヤーとピストンに傷をつけないようにするために軍手をを使ってこんな感じでピストンの押し戻しを行いました。

自宅にあったプライヤーとピストンに傷をつけないようにするために軍手をを使ってこんな感じでピストンの押し戻し

専用のピストンツールもそんなに高価なものではなく、ネットで約3000円程度で購入できますので、予算に余裕のある人はピストンツールを購入しておきましょう。

【必要なものその6】キッチンペーパー

先ほどのページでお話したブレーキのピストンを押し戻すという作業を行うと、ブレーキフルードがリザーバータンクから溢れ出す場合があります。

ブレーキフルードはボディの塗装面などに付着すると、塗装をブヨブヨにやわらかく溶かしてしまいます。

そこで役に立つのがキッチンペーパーです。

キッチンペーパー

こんな感じでキッチンペーパーをリザーバータンクの上にさしておけば、リザーバータンクからあふれ出そうになっているブレーキフルードを吸い取ってくれ、ブレーキフルードでエンジンルーム内の塗装面を汚す心配がなくなります。

【必要なものその7】パッドグリス

パッドグリス

パッドグリスは、ブレーキを踏み込んだ時にキィー・・・と音がするブレーキの鳴きを防止するため、ブレーキパッドとキャリパーなどが接触する面(当たり面)にグリスを塗布します。

パッドグリスを塗布したところ

今回使ったパッドグリスは、ブレーキパッドとディスクローターを購入した時にセットになっていたものです。

今回使ったパッドグリスは、ブレーキパッドとディスクローターを購入した時にセットになっていたもの

パッドグリスの代わりに、耐熱温度の高いカッパーコンパウンド(銅グリス)などを用いてもOKです。

なお、シリコングリスなどを使ってしまうと、ブレーキの熱ですぐに溶けて流れていってしまい、ブレーキが鳴いてしまいますので、必ず耐熱温度が高いパッドグリスやカッパーコンパウンドなどを使うようにしてください。

次のページでは、具体的なブレーキパッド交換手順についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました