【手組み】自分でタイヤを組み換える具体的な方法を徹底解説

【タイヤ交換】自分でタイヤを組み換える方法を徹底解説

私は普段からタイヤ組み換え、具体的に言うと、ホイールから古いタイヤを外し、新しいタイヤをホイールに付け直す作業を自分で行っています。

ここで使っている道具は、ホームセンターで売っているようなタイヤレバー(1000円ぐらい)だけで、高価なタイヤチェンジャーなどは使いません。

タイヤの手組みが出来るようになると、ヤフオクで格安中古タイヤを落札したり、日本製のタイヤの半額程度で買えるアジアンタイヤを取り寄せたりして、自分でタイヤを組み換えていくことで、自動車一台当たり年間2~3万円の節約に繋がります。

今回は、そんな自動車のタイヤを自分で組み換える方法について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

タイヤ組み換えに必要なもの

まずはじめに、タイヤ組み換えに必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】タイヤレバー

タイヤ組み換えで使うタイヤレバー

タイヤを組み替える際に使うのが、タイヤレバーと呼ばれる工具です。

この工具を、タイヤとホイールの間に差し込んで力を入れていくと、ホイールからタイヤを取り外すことができるようになります。

タイヤレバーを使ってホイールからタイヤを取り外す

ホイールからタイヤが外れたところ

このタイヤレバーは、ホームセンターなどで2本で1000円ぐらいで手に入れることができます。

【必要なものその2】ビードクリーム

次に必要なものは、ビードクリームと呼ばれるタイヤに塗りつけるグリスです。

新しいタイヤをホイールに組み込む際に、タイヤのビード部に塗ることで、タイヤの組み込み(挿入)が楽に行えるようになります。

ビードワックスは、ホームセンターやネットショップなどで数百円で手に入れることができると思います。

ちなみに、ビードクリーム(ビードワックス)の代わりに、シリコンスプレーを代用することもできますので、ご参考まで。

【必要なものその3】タイヤ着脱に必要な物(車載工具など)

タイヤの着脱に必要な車載工具

タイヤを組み替えるためにはタイヤを車から取り外す必要がありますので、車載工具(ジャッキ、ホイールレンチなど)を準備しておきましょう。

次のページでは、タイヤ組み換えの具体的な方法についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました