【簡単組換】手動タイヤチェンジャーの具体的な使い方

【簡単組換】手動タイヤチェンジャーの具体的な使い方

自分でタイヤを組み替える一番シンプルな方法は、タイヤレバーを使ってタイヤ交換をする方法です。

ただ、タイヤレバーだけだとホイールにたくさん傷が付いてしまったり、ビードが固くてなかなかタイヤの脱着ができず交換に時間がかかってしまったりしてしまいます。

ですが、写真のような手動のタイヤチェンジャーを使えば、大変だったタイヤ組み換え作業が楽になります。

そこで今回は、手動タイヤチェンジャーの具体的な使い方について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

タイヤ組み換えに必要なものについて

まずはじめに、タイヤチェンジャーを使ってタイヤを組み替える際に必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】タイヤチェンジャー

今回用意したのは、ヤフオク(2000円)で手に入れた手動タイヤチェンジャーで、下側の部分がビードブレーカーになっていて、タイヤのビード落としにも使えるものです。

ヤフオク(2000円)で手に入れた手動タイヤチェンジャー

このような形でばらばらの状態で届きましたが、説明書(英語)の通りに組み立てていけば、簡単に作ることができます。

説明書(英語)の通りに組み立てていけば、簡単に作れる

組み立て後の手動タイヤチェンジャー

【必要なものその2】タイヤレバー

タイヤレバー

タイヤの着脱の際に、タイヤチェンジャーの長い棒を差し込むきっかけを作るために、タイヤレバーが必要です。

タイヤチェンジャーの長い棒を差し込むきっかけを作る

ホイール面を保護する必要がある(アルミホイールなど)場合、リムガードも準備しておくと良いでしょう。

また、タイヤの種類によっては取り外しはうまくいくものの、取り付けがうまくいかないことがあります。

そのような場合は、タイヤチェンジャー付属の長い棒を使うのではなく、タイヤレバー(2本)でタイヤを組み込まなければならない場合もあります。

タイヤチェンジャー付属の長い棒を使うのではなく、タイヤレバー(2本)でタイヤを組み込まなければならない

この際は、これまで通りタイヤレバーでタイヤを組み込む必要があります。

【必要なものその3】ビードワックス

ビードワックス

タイヤの組み換えを楽にするために使うのがビードワックスで、手動チェンジャーを使う場合も組み換えに必要な力を少なくするために必要です。

私の場合、ホームセンターで200~300円ぐらいで手に入るシリコンスプレーを使っています。

【必要なものその4】F型クランプ

F型クランプ

扁平率が小さいタイヤの組み換えを行う場合、ビードをホイールの中央部の凹みまで押さえ込んで置くためにF型クランプを使ったりします。

扁平率が60以上の場合は、特にこのような工夫をしなくても組込できますので、ご参考まで。

次のページでは、手動タイヤチェンジャーの具体的な使い方についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました