油圧ジャッキを使って硬いタイヤのビードを落とす方法

油圧ジャッキを使って硬いタイヤのビードを落とす方法

私は自分で車のタイヤを交換するのですが、稀に一般的なビードブレーカーではどうしてもビードが落とせないような硬いタイヤ(サイドウォールが硬いタイヤや古くなって硬化してしまっている)に出会うことがあります。

「どうにか身近にある道具を使って、どうにかこのガチガチにハマったビードをうまく落とすことができないだろうか?」

いろいろ検討してきた結果、車をジャッキアップする際に使う油圧ジャッキと荷物を縛るときに使う結束ベルトを使うことで、簡単にタイヤのビードを落とす事ができる方法を見つけることができました。

今回は、そんな硬いタイヤのビードを自分で外す具体的な方法について、写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

【STEP1】必要なものを準備する

油圧ジャッキを使ってビードを落とすための道具

タイヤのビードを落とすために必要なものは、車をジャッキアップするときに使う油圧ジャッキと荷締めなどで使うタイダウンベルトです。

【STEP2】油圧ジャッキにタイヤを乗せる

まずはじめに、タイヤのムシを取り外して空気を完全に抜いてしまいます。

そして、油圧ジャッキの上にタイヤを乗せていきましょう。

油圧ジャッキの上にタイヤを乗せる

このとき、ジャッキの治具がアルミホイールに当たるギリギリのところに合わせてタイヤを乗せておきます。

タイヤの上にジャッキの先端を乗せる

【STEP3】タイダウンベルトでジャッキとタイヤを固定する

次に、タイダウンベルトを使ってタイヤとジャッキを固定します。

ホイールを上から覗き込むとジャッキの先端が見えますので、丸棒の部分にタイダウンベルトを通しましょう。

ホイールの穴

ホイールの穴に結束ベルトを入れる

次に、ジャッキの中央部分の下にタイダウンベルトを回して、下記のような感じで固定していきます。

結束ベルトでタイヤとジャッキを固定しているところ

結束ベルトでタイヤとジャッキを固定

このとき、タイダウンベルトをしっかりとキツく締めつけておくのがポイントです。

【STEP4】ジャッキを上げてビードを落とす

後はジャッキのレバーを操作して、徐々にジャッキを上げていきましょう。

ジャッキを上げてタイヤのビードを外す

すると上記のような感じで、タイヤのビードを外すことができます。

最後に一言

今回は、油圧ジャッキを使って硬いタイヤのビードを落とす方法についてお話しました。

一般的なビードブレーカーはテコの原理でビードを落とす構造になっていますが、この方法は油圧を使ってビードを落とすことができるのでとても楽に作業することができます。

ただし、タイヤには油圧ジャッキの治具の後がついてしまいますので、要らなくなったタイヤを取り外す際などに活用するのがいいと思います。

是非参考にしてみてください。

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイヤ交換

スポンサーリンク
DIYメンテナンスマニア

当ブログ運営者。幼い頃からエンジン付きの乗り物に憧れがあり、大人になってから大好きな車のメンテナンス整備(ユーザー車検含む)を存分に楽しんでいる。自動車の個人売買(ヤフオクやメルカリなど)の経験もあるため、自分で名義変更手続きする方法も熟知。メカを楽しむ人向けにDIYメンテナンス情報をお届けしている。

DIYメンテナンスマニアをフォローする
DIYメンテナンスマニア
タイトルとURLをコピーしました