エンジンコンディショナーの使い方(スロットルバルブ編)

エンジンコンディショナーの使い方

直噴エンジンを載せているノアやヴォクシーは、燃焼室やスロットルバルブ辺りにスラッジやカーボン汚れが溜まりやすく、10万キロを超えてくるとアイドリングが不安定になりがちです。

ただ、エンジンコンディショナーという洗浄剤を使って、定期的にスロットル周りを洗浄してあげるると、アイドリング中のエンジン回転数が安定して、回転数が下がってしまった時に発生する振動も少なくなりました。

今回は、不安定なアイドリングの解消に効果のあるエンジンコンディショナーを使って、エンジンをきれいにする具体的な方法についてお話します。

スポンサーリンク

エンジンコンディショナーの使い方

さっそくエンジンコンディショナーの使い方やそのポイントについてお話ししていきます。

まず、エンジンを5分程度暖気しておきます。

その後、ボンネットを開き、エアフローバルブの直前にあるゴムホースを抜き取ります。

5分の暖気後、エンジンコンディショナーを入れるエアフローバルブ手前のゴムを抜き取ります

そして、ゴムホースを外したままエンジンをかけ、その穴にエンジンコンディショナーを吹きかけていきます。(約30~40秒)

エンジンコンディショナーの使い方

すると、マフラーからもわもわっと白い煙が噴出してきました。

エンジンコンディショナーを使うと、マフラーから白煙がどんどん出てきます

この白煙こそ、エンジン内部に溜まっていた汚れです。

しばらくエンジンをかけたままにしておいて、白煙がなくなってきたら完了です。

添付されていた説明書も参考のために掲載しておきますね。

エンジンコンディショナーの説明書

次のページでは、エンジンコンディショナー施工後に気づいたことについてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました