【ブレーキから異音】キーキーうるさいブレーキの鳴き止め方法

キーキー異音ブレーキの鳴き止め方法

ブレーキを踏むたびに「キー・・・」と聞こえてくる異音。

基本的にはこの音が聞こえてくるタイミングとしては、ブレーキパッドが減ってきてパッドセンサー(金属の棒のようなもの)がローターに接触してワザとこのような音を出して、ブレーキパッドの交換時期を知らせてくれることがあります。

ただ、ブレーキパッドを交換したにもかかわらずキーキー音が収まらない、まだパッド残量は十分にあるはずなのにキーキー音が聞こえてきて耳障りだということがあると思います。

「どうにかこのブレーキのキーキー音を止めることができないものか?」

いろいろと調べた結果、ブレーキの鳴きを止める対策方法は以下のようなものがあることが分かりました。

  • ブレーキパッドを交換する
    →安物のメタリック材のパッドはブレーキの効きは良いが鳴きやすい、ノンアスベスト材の鳴きにくいパッドに交換する。パッド交換のため対策費用が高くなるのがデメリット。
  • ブレーキの鳴き止め材を塗布する
    →ブレーキの鳴き止め剤をパッド側面やローター表面に塗布することで、鳴きを防止する。制動力が落ちる可能性があるのがデメリット。
  • パッド裏面やシムにパッドグリス(カッパーコンパウンドなど)を塗布する
    →パッド裏面へのグリス塗布なので制動力は落ちない、グリスは数百円で購入可能なので安上がり。ブレーキ周りを分解するのでDIYスキルが必要。

いろいろと検討した結果、ブレーキの制動力を落とさず費用を安く抑えることができるブレーキパッドの裏側にパッドグリスを塗布する方法に挑戦してみることにしました。

今回はこのブレーキパッドの鳴き止めの具体的な施工方法について、写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

ブレーキの鳴き止めに必要なもの

まずはじめに、ブレーキの鳴き止めに必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】パッドグリス

ブレーキパッドの交換で使うパッドグリスと綿棒

ブレーキの鳴きを止めるため、パッドグリスをブレーキパッドとキャリパーが接触する面(当たり面)やシムなどに塗布していきます。

ブレーキパッドにグリスを塗布する

これによってブレーキパッドとシム(金属のプレート)に挟まれたパッドグリスがブレーキで発生したキィーというような鳴きを減衰吸収してくれます。

このパッドグリスはネットショップなどで購入することが可能で、量り売りのものだと5~10グラム(ブレーキパッド2輪分)で200~300円程度、100gのチューブタイプだと1000円ぐらいで購入できると思います。

なお値段は高いですが、Wako’sのブレーキプロテクターはブレーキの鳴き止めに効果が高いという評判なので、ご参考まで。

今回はパッドグリスの代わりに、自宅にあったカッパーコンパウンドと呼ばれる耐熱グリス(銅粉が混ったグリス、耐熱温度が約1200℃)を代用しました。

2000円ぐらいで手に入るカパーコンパウンド

ブレーキパッドはブレーキング時にかなり高温になりますので、耐熱温度が低い一般的なグリスを使ってしまうと、熱でグリスが溶け出してしまい、最悪ブレーキが効かなくなるというような可能性があり危険です。

必ず、パッドグリスやカッパーコンパウンドなど耐熱温度が1000℃以上あるようなグリスを使うようにしましょう。

【必要なものその2】タイヤ交換に使う車載道具

ブレーキパッドとディスクローターを交換するためには、タイヤを取り外す必要があります。

タイヤ交換するために必要なジャッキとトルクレンチ(車載工具などで可)を1セット準備しておきましょう。

タイヤ交換に必要なジャッキと十字レンチ(トルクレンチ)

【必要なものその3】メガネレンチ(13mm、14mm、17mm)

ブレーキパッドとディスクローターの交換に必要なメガネレンチ(13mm、14mm、17mm)

ブレーキ周りのボルトや部品を取り外したりするために、14mm、17mmのメガネレンチ(車種によって異なる)が必要になります。

ブレーキの構造

出典)ディスクブレーキ|AKEBONO

モンキーでも代用可能な場合もありますが、特に14mmと17mmの部分はボルトが固く締め付けられているので、できればメガネレンチを用意しておいたほうがいいと思います。

14mmのメガネレンチでブレーキキャリパーを止めているボルトを緩める

次のページでは、具体的なブレーキの鳴き止め作業についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました