タイロットエンドブーツの交換費用相場とDIY交換方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP1】ジャッキアップしてタイヤを取り外す

ここからはタイロッドエンドブーツの具体的な交換手順についてお話してきます。

まず、車をジャッキアップしてタイヤを取り外しましょう。

タイヤを取り外す

安全のため、取り外したタイヤは車体下に入れておき、万が一ジャッキが外れても大丈夫なようにしておくのがベターです。

【STEP2】ボールジョイントをナックルから切り離す

次に、ボールジョイントをナックルから切り離していきます。

タイロッドエンドブーツの交換前

めがねレンチを使ってボールジョイントのナットを緩めていきます。

タイロッドエンドのナットをメガネレンチで緩める

ナットが緩んだら、ボールジョイントのネジとナットがツライチ(凸凹がない状態)になる位置にしておきます。

タイロットエンドのナットをツライチ

この状態でボールジョイントプーラーを取り付け、レンチを使ってプーラーを締め付けていきます。

ボールジョイントプーラーをタイロッドエンドに取り付ける

ボールジョイントプーラーをメガネレンチで締め付ける

すると、「バンッ!!」と大きな音がして、ボールジョイントがナックルから分離します。

ナットはつけたままになっているので、何かが抜け落ちたり飛んできたりすることはないのですが、結構音が大きくてびっくりすると思います。

【STEP3】タイロッドエンドブーツを取り外す

ここからは、タイロッドエンドブーツを取り外してきます。

まず、マイナスドライバーをタイロッドエンドブーツの隙間に押し当て、ハンマーでトントントンっと軽く叩き入れます。

マイナスドライバーでタイロッドエンドブーツを外す

すると、ブーツとロアアームの隙間ができますので、マイナスドライバーを捻ったりして隙間を広げ、ブーツを取り外していきます。

タイロッドエンドブーツの隙間を広げる

取り外したタイロッドエンドブーツ

取り外したブーツと新品のブーツを比較してみると、こんなにも劣化変形していることがわかります。

タイロッドエンドブーツの新旧比較

【STEP4】新しいブーツを取り付ける

ここからは新しいブーツを取り付けていきます。

まず、ボールジョイントについている古いグリスをボロ布などできれいに拭き取ります。

古いグリスのついたタイロットエンド

タイロッドエンドのグリスを拭き取る

グリスを拭き取った後のタイロットエンド

ここに新しいグリスをたっぷりと塗りつけていきます。

タイロットエンドにグリスを塗布

タイロッドエンドに塗布したグリス

一番上の部分(ブーツを圧入する部分)にグリスがついてしまった場合は、その部分だけボロ布で拭き取っておいてください。

そして、新しいブーツを被せていきます。

タイロッドエンドに新しいブーツを取り付け

ここで事前に作っておいた治具を被せ、ハンマーを使ってブーツを挿入していきます。

塩ビパイプで作ったタイロッドエンド部ウーツの挿入治具

これで、ブーツの取り付けは完了しました。

タイロッドエンドのブーツ取り付け完了

【STEP5】逆の手順で組み立てていく

後は、逆の手順で組み立てていきます。

まず、タイロッドエンドをナックルにはめ込みます。

タイロッドエンドをナックルに差し込む

その後ナットを取り付け、規定トルクで締め付けます。

ナットを取り付けたタイロッドエンド

タイロッドエンドを規定トルクで締め付ける

ぼるジョイントのネジが空回りしてしまう場合は、タイロッドエンドを上から少し押し下げ締め付けると共回りを防ぐことがデキますので、ご参考まで。

最後にすべてのボルトやナットが規定トルクで締まっているかしっかりと確認すれば、タイロッドエンドブーツの交換作業は完了です。

ブーツ交換後の足回り

最後に一言

今回は、タイロットエンドブーツの交換費用相場とDIY交換方法まとめについてお話しました。

タイロッドエンドブーツは車検でよくチェックされる項目ですし、ブーツが破れて水が侵入し、ボールジョイントにダメージが出てしまってからだと、タイロッドエンド交換とアライメント調整の大掛かりな修理になることもあります。

ブーツだけであれば1個数百円で購入できますので、ブーツのひび割れがひどくなってきたら交換しておくことをおすすめします。

ちなみに、タイロッドエンドブーツの交換はロアアームのボールジョイントブーツの交換と同時に行っておくと作業が2度手間になりませんので、このタイミングで行っておくといいでしょう。

>>ロアアームのボールジョイントブーツ交換方法まとめ

ただ、交換作業に不安がある場合はプロにお願いして交換してもらうようにしましょう。

もし可能であれば、その作業を見学させてもらって次回やるときの参考にするというのも一つの手です。

是非参考にしてみてください。

それでは!




タイトルとURLをコピーしました