格安KENDA(ケンダ)タイヤの性能と耐久性を追跡調査

格安KENDA(ケンダ)タイヤの性能と耐久性を追跡調査

日本製のタイヤの半額以下の価格で購入できるKENDA(ケンダ、台湾製)のタイヤ・・・。

約3年ほど前に、タイヤ代節約のため激安アジアンタイヤであるケンダタイヤを購入してみました。

日本製のタイヤから安いアジアンタイヤに変える際、勝手に「安かろう、悪かろう」と思っていたのですが、実際のところ、普段使いならアジアンタイヤもそこそこなのではないかという印象です。

ただし、耐久性という面で日本製のものとは異なる形で寿命が来た(カーカス切れ)という点において、少し考慮しておくべき事があることも事実です。

そこで今回は、みなさんが気になっているこのケンダタイヤの実際の性能や耐久性について、残り溝の測定やゴムの硬度測定、タイヤ表面のヒビ割れの状態という視点も含めて、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

タイヤの性能について

今回調査したタイヤは、ケンダタイヤのKR30(VEZDA ECO)という種類のものです。

このタイヤをエルグランド(E51)に装着して、約3年ほど使用してみました。

ケンダタイヤを装着した写真

まず、ケンダタイヤを装着してすぐに気がついたことは、40~60km/hぐらいの速度域で、若干ロードノイズが大きめという点です。

スタッドレスタイヤほどうるさいという感じではないのですが、日本製のタイヤに比べて若干ロードノイズが大きいという印象です。

ただし、高速道路など60km/h以上の場所では日本性のタイヤと同じぐらいのロードノイズという感じだったので、高速道路上では逆に思っていた以上に静かだなぁという印象です。

グリップ力(ウェット時も含む)については、一般道や高速道路を普通に走っている状態では日本製のタイヤとの違いを感じるような場面(ウェット路面でスリップしてしまう、高速走行時にフラフラするなど)はありませんでした。

ケンダタイヤのタイヤバランスについて

ケンダタイヤのタイヤバランス

タイヤのバランスが悪いと、高速走行時などにタイヤが上下左右に振動してしまい、ハンドルがブルブル震えるなどといった症状が発生します。

格安タイヤの中にはタイヤそのものの重量バランスが極端に悪い物もあり、タイヤバランスをとるためにおもりを大量に取り付けなければならなかったりするものもあります。

今回紹介しているケンダタイヤのタイヤバランスを調整するために取り付けられたおもりの量は以下の通りでした。

No.in[g]out[g]
14060
23055

今回タイヤを取り付けたホイールはアルミホイールなので、取り付け位置の関係上、鉄チンホイールよりカウンターウェイト(おもりのこと)をたくさんつけなければなりません。

また、この取り付けられた重りの量は、タイヤだけではなくホイールの重量バランスの偏りも含めた形になっていたりするため、あくまでも参考程度の数値と言えます。

それらのことを考慮すると、国産タイヤでもこの程度の重りが貼り付けられているタイヤはたくさんありますので、私が購入した2本のタイヤに限って言えば、特に目立ってタイヤの製造精度が悪いということはありませんでした。

次のページでは、ケンダタイヤの耐久性に関する追跡調査結果についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイヤ交換

スポンサーリンク
DIYメンテナンスマニア

当ブログ運営者。幼い頃からエンジン付きの乗り物に憧れがあり、大人になってから大好きな車のメンテナンス整備(ユーザー車検含む)を存分に楽しんでいる。自動車の個人売買(ヤフオクやメルカリなど)の経験もあるため、自分で名義変更手続きする方法も熟知。メカを楽しむ人向けにDIYメンテナンス情報をお届けしている。

DIYメンテナンスマニアをフォローする
DIYメンテナンスマニア
タイトルとURLをコピーしました