【格安1500円】手動ビードブレーカーの使い方と耐久性について

【格安1500円】手動ビードブレーカーの使い方と耐久性について

タイヤを自分で組み替える時に大変なことといえば、ずば「ビード落とし」ではないでしょうか?

安いアジアンタイヤなどはビードが柔らかいため簡単に外すことができますが、国産でサイドウォールがしっかりとしたタイヤの場合、なかなかビードが落ちずに四苦八苦してしまいます。

そんな時に役立つのが、ヤフオクなどで格安で売られているビードブレーカーです。

そこで今回は、このビーブレイカーの使い方からなかなかビードが落ちない時の対処法、格安ビードブレーカーの耐久性などについて、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

ヤフオクで格安購入できるビードブレーカー

ヤフオクで格安購入できるビードブレーカー

一昔前まではビードブレーカーを購入するためには2~3万円ほど必要でしたが、最近では外国製の安いビードブレーカーを購入することができるようになりました。

このタイプのビードブレーカーは元々はバイク用に使われていたものを少し改良して自動車用タイヤにも使えるようにしたものとなっています。

ビードブレーカーの梱包状態

ビードブレーカーの部品一覧

届いたビードブレーカーはこのような感じで梱包されていて、特に説明書なども入っていませんでした。

ですが、商品画像として掲載されている完成写真を見れば、10分ほどで組み立てることができます。

手動ビードブレーカーの使い方

ここからは、具体的なビードブレーカーの使い方についてお話してきます。

まずタイヤの空気を完全に抜き、ビードブレーカーの先端部をホイールとタイヤのあいだ辺りにセットします。

ビードブレーカーの先端をホイールとタイヤの間に入れる

あとはビードブレーカーのレバーに体重をかけて下に押し下げてやれば、こんな感じで刃先がホイールとタイヤの間に入り込んでいきます。

ビードブレーカーの先端の拡大

ビード部が柔らかめのタイヤであれば、これを2~3箇所ほどやってやると簡単にビードを外すことができます。

車のタイヤのビードが外れたところ

ただ、タイヤによってはビードが落ちにくいタイプのものがあったりするため、ビードブレーカーを使ってもなかなかビードを落とすことができないことがあります。

次のページでは、なかなかビードが落ちない場合の対処法についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました