【キイロビン】フロントガラスの油膜取りと再固着を防止する方法

フロントガラスの油膜を取る具体的な方法

ここからは、フロントガラスの油膜を取る具体的な方法についてお話していきます。

【STEP1】フロントガラスを水拭きする

油膜取りの前にフロントガラスを水拭きする

まずはじめに、フロントガラスを水拭きして表面に着いた砂埃を取り除いていきます。

砂埃が付いたままこの後の油膜取りの作業をやってしまうと、固い砂などをガラス面に擦り付け、ガラスに擦り傷が付いてしまう可能性がありますので、面倒ではありますが一度フロントガラス面をタオルなどで水拭きしておきましょう。

【STEP2】スポンジにキイロビンを付けてフロントガラスを磨く

次は水で少し湿らせたスポンジにキイロビンをつけ、フロントガラスを磨いていきます。

キイロビンでフロントガラスの油膜を取り除く

この際に、スポンジに水をたくさん含ませてしまうと、こんな感じでビシャビシャになってしまって、上手に油膜を取ることができなくなってしまいます。

フロントガラスの油膜取り

ですので、スポンジにしみこませる水分は気持ち少なめにして、たっぷりとキイロビンを使いながらフロントガラスを磨いていきましょう。

ちなみに、油膜が取れてくると下図の左側のように、水がはじかれなく(ベタ~っとぬれた感じ)になってきます。

油膜が取れてくると水はじきがなくなる

油膜取りの作業の要領がつかめてきたら、どんどんフロントガラス全体の油膜のはじきがなくなるまでどんどん磨き上げていきましょう。

自動車のフロントガラスの油膜をきれいに取り除く方法

【STEP3】フロントガラスを水洗いする

フロントガラス全体の油膜取りが終わったら、フロントガラスを水洗いしていくのですが、ここで注意点が一つあります。

それは、油膜取りを終わった後のフロントガラスに付着している白い粉はしっかりとフロントガラスに吸着しているため、水道ホースのシャワーや高圧洗浄機などだけでは完全に取り除くことが出来ません。

油膜取りは高圧洗浄機できれいに出来ない

この状態でフロントガラスが乾いてくると、うっすらと白い粉がフロントガラスに付いたままになっているのがぱっと見で分かります。

ですので、フロントガラスに付いたキイロビンを洗い流すのに一番良いのは、先ほどつかったバケツとタオルを使って何度か水拭きをするという方法です。

バケツの中の水がすぐに真っ白になってしまいますので、最終仕上げはバケツの中の水をきれいなものに取り替え、タオルをきれいに洗ったもので水拭きしましょう。

油膜取りの前にフロントガラスを水拭きする

すると、こんな感じですっきりと透き通った感じに仕上がります。

お疲れ様でした。

これでフロントガラスの油膜取りは完了です・・・と言いたいところですが、フロントガラスの油膜取りのポイントは、油膜取りを行った後にどうやって油膜の再付着を防ぐかというところにあります。

次のページでは、フロントガラスの油膜の再付着を予防する6つのポイントについてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました