【初心者向け】自分で自動車のタイヤパンクを修理する方法

【STEP3】補修材を穴に詰め込む

次はタイヤ修理キットに入っている補修材(パワーバルカシール)をタイヤの穴に詰め込む工程です。

まず、付属の補修材を梱包しているビニールを取り外していきます。

タイヤ修理に使う補修材

タイヤ修理に使う補修材のビニールを取り外した

触ってみるとわかりますが、この補修材の表面は超強力な両面テープの様にベトベトしていて、これをタイヤの穴に突っ込むことができればタイヤ修理ができそうな感じがします。

インサートニードルと呼ばれる工具にこの補修材をセットしていきます。

パンク修理で使うインサートニードル

パンク修理のインサートニードルに補修材をセット

そして、この補修材に先程使ったのと同じ接着剤をたっぷりと塗布していきます。

パンク修理補修材に接着剤を塗布

パンク修理材に接着剤を塗布した

ここまで準備ができたら、インサートニードルをタイヤのパンク穴に思い切って差し込んでいきましょう。

インサートニードルをタイヤに差し込む

自分で車のタイヤのパンクを修理する方法

インサートニードルをタイヤの奥まで差し込んだ状態

この工程も結構力が入りますが、グイッグイッっと力を入れて、しっかり遠くまでインサートニードルを差し込んでいきましょう。

インサートニードルの先端はつながっていないため、インサートニードルを引き抜けばタイヤ補修材だけがタイヤの中に残ります。

インサートニードルを引き抜く

【STEP4】余分な補修材をカットする

後はタイヤの外側に飛び出している余分な補修材をカットしていきましょう。

タイヤの外側に飛び出しているパンク修理剤

タイヤ修理で残った部分を切り取る

車のタイヤを自分でパンク修理した

タイヤの表面に接着剤などが付いてしまっていますが、タイヤを装着してしばらく走行すれば、これらの汚れは取れてしまうため、このままでOKです。

自分で車のタイヤパンク修理をしたあとのタイヤ

お疲れさまでした。

これでタイヤのパンク修理は完了です。

次のページでは、自分でパンク修理する方法のメリットとデメリットについてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました