【後付け】社外クルコンを自分でDIY取付する方法(PIVOT 3-drive AC)

社外品のクルーズコントローラー(PIVOT 3-drive AC)を取り付け

我が家のミニバン(ノア、10年落ち)には、高速道路などで速度を一定に保つクルーズコントロール(クルコン)機能が付いていません。

いろいろ調査してみると、約2万円で後付できる社外品のクルーズコントローラー(PIVOT 3-drive AC)があることを知りました。

「どうにか自分でDIY取り付けすることはできないものか?」

色々と調査した結果、クルコンの取り付けは自分でもできそうだったので、取付工賃の節約のために自分でクルコンを取り付けてみることにしました。

今回は、そんな社外品のクルーズコントローラーを後付けしたい人向けに、その取付方法について写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

【必要なものその1】PIVOT 3-drive AC

まず初めに必要なものは、クルーズコントローラーユニットです。

クルーズコントロールユニットを自分で後付けする方法

出典)3-drive · AC|pivot

今回私が選んだのは「PIVOT 3-drive AC」という社外品で、アクセルとブレーキに取り付けるハーネスがセットになったもの(約2万円)をアマゾンで注文しました。

クルコン(PIVOT 3-drive AC)のハーネスセット

このクルーズコントローラーユニットは、元々スロットルコントローラー(アクセル踏み込み量に対するアクセル開度を変えるもの)にオートクルーズ機能が追加されたもの。

後付オートクルーズコントローラー

オートクルーズ機能の具体的な使い方としては、左側のシフトレバーのところについているスイッチを押すと、その時点から車速が一定に保たれ、ブレーキを踏むとそのオートクルーズ制御が解除されるといった感じです。

メーカー純正オプションのクルーズコントローラーは、前の車を追い越しするためにアクセル操作をしてしまうとクルーズコントロール制御が解除されてしまいますが、このクルーズコントロールユニットはアクセル操作をしても、アクセルを離せばそのまま前に設定したスピードでオートクルーズを再開してくれますので、純正品より使いやすいものになっていてとても便利です。

ちなみに、車種別のハーネス(アクセル用、ブレーキ用)は、こちらの一覧表(PDFファイル)で調べることができますよ。

PIVOT クルコンのハーネス調べ方

出典)3-drive・REMOTE 3-drive・α 3-drive・AC 対応車表 – Pivot

我が家のノアの場合、年式(車検証の初年度登録)が「平成16年12月」、車両型式(車検証の型式)がCBA-AZR60G、そしてエンジン形式(車検証の原動機の型式)が「1AZ」なので、アクセルハーネスは「3A」、ブレーキハーネスは「BR-1/2」ということになります。

後付けクルコンのブレーキハーネスの型番

出典)3-drive・REMOTE 3-drive・α 3-drive・AC 対応車表 – Pivot

ここでブレーキハーネスの「BR-1/2」の意味は、「BR-1」と「BR-2」のどちらかが適合ということ。

後付けクルコンのハーネスを取り付けるブレーキカプラー

それを確認するためには実際に車に取り付けられているカプラー外してみるしかなく、その方法で確認した結果、「BR-1」というタイプのカプラーを購入することにしました。

【必要なものその2】配線加工するための道具

クルコンを自分で後付けするために必要な道具

このクルコンを自分で取り付けるためには、1~2本程度、半田付けによる配線処理が必要となるため、ニッパーや半田ごて、ビニールテープなどが必要になります。

オートクルーズ付スロットルコントローラー _3-drive・AC_ 製品詳細 I PIVOT

出典)基本配線 3-drive・AC|PIVOT

ちなみに、説明書にはアクセルやブレーキのハーネスを買わずに直接配線加工して取り付ける方法も書かれていました。

そちらの方が費用が2000~3000円ぐらい安くすみそうだったのですが、ハーネスを買わずに取り付ける場合、アクセルやブレーキの配線(6~7本程度)も自分で配線処理しなければならなくなるので、配線ミスなどの可能性が大きくなりますし、配線処理が得意ではない人は私のようにアクセルとブレーキのハーネスをセットで購入しておくことをおすすめします。

次のページでは、クルコンの具体的な取り付け方についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


パーツ取り付け

DIYメンテナンスマニア

当ブログ運営者。幼い頃からエンジン付きの乗り物に憧れがあり、大人になってから大好きな車のメンテナンス整備(ユーザー車検含む)を存分に楽しんでいる。自動車の個人売買(ヤフオクやメルカリなど)の経験もあるため、自分で名義変更手続きする方法も熟知。メカを楽しむ人向けにDIYメンテナンス情報をお届けしている。

DIYメンテナンスマニアをフォローする
スポンサーリンク
DIYメンテナンスマニア
タイトルとURLをコピーしました