【保存版】ホイールスペーサーを自分で取り付ける方法

自分でホイールスペーサーを取り付ける方法

あと少しホイールを外側に出して、ツライチを狙いたい!

そんなときに活躍するのがホイールスペーサーです。

ただ、単にホイールスペーサーを取り付けただけでは、センターハブが機能しないためにホイールのセンターがずれてしまい高速走行時に不快な振動が発生してしまったり、ホイールナットがしっかりとホイールボルトにかからなくなるために、走行中にホイールが外れてしまうというようなことが起こってしまう可能性があります。

そこで今回は、単にホイールスペーサーを取り付けるだけではなく、ホイールセンターを出すためのハブリングや、ホイールスペーサーを追加してもしっかりとホイールナットを締付けられるようにするためのロングハブボルトの取り付け方まで、ステップ毎に写真付きで詳しくお話していきます。

ホイールスペーサー取り付けに必要な物

まずはじめに、ホイールスペーサー取り付けのために必要な物についてまとめておきます。

ホイールスペーサー

ホイールスペーサーを正しく取り付ける方法

まずはじめに必要なものは、ホイールスペーサーです。

ホイールスペーサーには通常、1mm、3mm、5mm、8mm、10mmがあります。

ツライチまであとどれくらいか、まずは自分の車の横に行ってみて、定規などで測ってみましょう。

ホイールスペーサーは、近くのホームセンターやネットショップなどで購入することができますので、必要となる厚みのあるホイールスペーサーを購入しておきましょう。

ちなみに、上記のように穴がたくさん空いているタイプであれば、ほとんどの車種に取り付けることができます。(ホイール穴の数やPCDなど)

逆に、車種毎に異なる専用のホイールスペーサーの場合、ハブボルトを貫通するための穴だけが空いているようなものもあり、そのようなタイプを選べば、先ほど紹介した汎用品より強度を確保することができます。

この辺りは普段車を街乗りとして使うのか、またはサーキット走行を前提とするのかといった視点で決めると良いでしょう。

センターハブ

センターハブリングを取り付け

次に必要なものがセンターハブリングと呼ばれるものです。

センターハブとは、車体側のホイールを取り付ける部分の中心にある凸部のこと。

センターハブ

この凸部がホイールの凹部と勘合する(隙間なしの状態)ことにより、車軸側の中心とホイールの中心を合わせることができるというものなのですが、社外ホイールなどの場合、全てのメーカーに対応できるようにセンターハブの凹の内径を大きめ(約φ73mm)にしています。

そのため、単に社外ホイールを付け替えただけではホイールの凹部とハブの凸部に隙間ができてしまい、ホイールのセンターと車軸側のセンターがずれてしまいます。

センターハブリングの取り付け

それを解消するのがハブリングであり、ホイールスペーサーを取り付ける際には、メーカー毎に異なる形状のハブリングを購入する必要があります。

なお、車種別のハブ径はこちらのサイトを参照すれば確認することができます。

>>ハブ径適合表|KYO-EI 

今回は、5mmのホイールスペーサーを取り付けていくわけなのですが、3~5mmのホイールスペーサーであれば、普通のハブリング(ホイールスペーサーを入れずに使うもの、ホームセンターで購入)でギリギリ対応可能でした。

自分でホイールスペーサーを取り付ける方法

それ以上の厚みのホイールスペーサーを入れる場合は、普通のハブリングでは厚みが足りません(ホイールの凹部までハブリングが届かない)ので、以下のようなセンターハブリングを購入することをおすすめします。

出典)DIGICAMスペーサー専用ハブリング(純正/社外)10~40mm|エアロパーツ、クロームパーツ、スペーサー、インテリア用品等の専門カーショップ Auto File ONLINE SHOP

ちなみに、ホイールスペーサーの中にはセンターハブ付きのものもありますので、ご参考まで。

出典)超超ジュラルミンハブ付きスペーサー 5mm|エアロパーツ、クロームパーツ、スペーサー、インテリア用品等の専門カーショップ Auto File

ロングハブボルト

ロングハブボルトを取り付ける

ハブボルトとは、車体側のハブに付いているボルトのこと。

ホイールとハブの間にホイールスペーサーを挟んでホイールナットを締付けようとすると、ホイールスペーサーを挟む前よりも、ホイールナットがホイールボルトにかかる部分が短くなって(ホイールナットで締付けられる回転数が減る)しまいます。

ホイールスペーサーの注意書き

実際に、ホイールスペーサーの注意書きにも「ナットのネジ山が10mm以上締まらない場合は取付しないでください。」と書かれています。

ホイールスペーサーを取り付けてみると分かりますが、我が家のエルグランドの場合、5mmのホイールスペーサーを取り付けてしまうと、ナットが3~4回転程度しか回らず、ハブボルトのピッチ(ボルトのねじ山の間隔のこと)が約1.2mmということを考えると、純正のハブボルトのままでは、ねじ山が約3.6~4.8mmしか掛かっていないことになってしまいます。

この状態で走行すると、ホイールナットの緩みが激しくなり、最悪の場合ホイールが脱輪してしまう可能性も十分考えられます。

ここで登場するのがロングハブボルトです。

ロングハブボルト

純正のハブボルトを取り外し、このロングハブボルトに交換すれば、今までと同じようにホイールナットをしっかりと取り付けることができるようになります。

ロングハブボルトを交換する

ロングハブボルトはネットショップなどで購入することができます。

例えば、5mmのホイールスペーサーを導入する場合、純正よりも5mm長いロングハブボルトを購入すれば、ホイールとハブの間にホイールスペーサーを取り付けた後も、以前と同じだけナットを締付けることができるようになります。

ホイールスペーサーを取り付ける場合は、このロングハブボルトも一緒に交換しておくと良いでしょう。

工具類

トルクレンチでハブボルトを打ちつける

今回の作業では、まずホイールを取り外すために必要な工具(ジャッキやトルクレンチなど)が必要になります。

その他に、ブレーキキャリパーなどを取り外す際に14mmと19mmのメガネレンチ(エルグランドの場合)や、ハブを抜き取るために大き目のハンマー、ハブを取り付ける際に大き目のワッシャーなどが必要となります。

ブレーキキャリパーのボルトを緩める

ハンマーを使ってハブボルトを抜き取る

ハブボルトを挿入するために使うワッシャー

ざっくりとこれらの道具があれば、ホイールスペーサーの取り付けから、ロングハブボルトへの交換まで行うことができます。

ホイールスペーサーの具体的な取り付け方

ここからは、ホイールスペーサーやセンターハブリング、ロングハブボルトの具体的な取り付け方についてお話していきます。

ホイールを取り外す

まずはじめに、車をジャッキアップして、今ついているホイールを取り外しておきましょう。

エルグランドのハブボルト

ちなみに今回は、フロント側の写真を撮り忘れたため、リア側のハブボルトで交換作業の内容を紹介していきますね。

ブレーキキャリパーなどを取り外す

次は、ブレーキ周りのパーツを取り外していきます。

ブレーキキャリパーを固定しているボルト

まず、ブレーキキャリパーを固定しているボルトをメガネレンチ(14mm)で外します。

ブレーキキャリパーのボルトを緩める

ブレーキキャリパーが外れる

こんな感じでブレーキキャリパーが外れたら、マウンティングブラケットを固定しているボルトをメガネレンチ(19mm)で取り外していきましょう。

マウンティングブラケットをメガネレンチで取り外す

マウンティングブラケットを取り外したところ

マウンティングブラケットを固定しているボルトはかなり強く締付けられているので、緩めるのが大変かもしれませんが、頑張ってくださいね(汗)

ブレーキローターを取り外す

次はブレーキローターを取り外してきましょう。

ブレーキローターは特に何かで固定されているわけではありませんので、こんな感じでローターの端っこをグイグイと押したり引いたりしていれば、自然と外れてきます。

ブレーキローターを取り外したところ

純正のハブボルトを取り外す

さぁ、いよいよハブボルトの取り外しです。

ハブボルトはハブに圧乳されていますので、ハンマーなどを使って叩きながら取り外していきましょう。

ハンマーを使ってハブボルトを抜き取る

ハブボルトを取り外したところ

ここでの注意点は、ハブボルトを強い力で叩きすぎると、ベアリングを痛める可能性があるので、ハンマーの惰性で叩くといった感じでハブボルトを抜き取ることです。

ハブボルトを取り外したところ

その点に注意しながら、こんな感じで全てのハブボルトを抜き取っておきましょう。

純正ハブボルトの取り外しが終わったら、次はロングハブボルトの取付です。

ロングハブボルトを取り付ける

次は、事前に購入しておいたロングハブボルトを取り付けていきます。

ロングハブボルトを交換する

ロングハブボルトを手で取り付けたところ

まずはこんな感じで、手で挿入できるところまでロングハブボルトを取り付けていきます。

ここからロングハブボルトを圧入していくわけなのですが、その際に使うのがこのようなワッシャーです。

ロングハブボルトを圧入するときに使うワッシャー

このワッシャーを以下のような感じで取り付け、ホイールナットをトルクレンチで締付けていきます。

ハブボルトを挿入するために使うワッシャー

すると、こんな感じでハブボルトを圧入することができます。

ハブボルトを圧入する

この手順で全てのハブボルトを圧入します。

ロングハブボルトを圧入した後

後は、先ほどまでと逆の手順でブレーキ周りを組み立てていきましょう。

ブレーキローターを取り付ける

マウンティングブラケットを取り付ける

ブレーキキャリパーを取り付ける

これでロングハブボルトの取り付けは完了したので、いよいよ次はホイールスペーサーやセンターハブリングの取り付けです。

ホイールスペーサーとセンターハブリングを取り付ける

自分でホイールスペーサーを取り付ける方法

次はホイールスペーサーとセンターハブリングをこんな感じで取り付けていきます。

ホイールスペーサーやセンターハブリングには、表と裏がありますので、その辺りは説明書を読みながら間違えないように取り付けましょう。

ホイールスペーサーの取り付け向き

センターハブリングの取り付け向き

ホイールを取り付ける

後はタイヤ交換の要領で、トルクレンチを使って規定トルクまでしっかりとナットを締付けていきます。

ホイールを取り付ける

ここで注意点は、ハブボルトを取り付けた直後は非常にナットが緩みやすくなっているので、低速で家の周りを軽~く一周した後に、もう一度ナットをトルクレンチで締め付けておきましょう。

その後も、ホイールスペーサーを付けている場合は、付けていない場合よりもナットが緩みやすくなりますので、定期的なナットの締め付け確認を行うようにしてください。

お疲れ様でした。

これでホイールスペーサーの取り付けは完了です。

最後に一言

今回は、【保存版】ホイールスペーサーを自分で取り付ける方法についてお話しました。

ホイールスペーサーは、単にそれを取り付けるだけだとセンターが合っていなかったり、ナットがきちんと締まっていない状態になってしまったりします。

ですが、今回紹介したように、センターハブリングやロングハブボルトを活用すれば、その辺りの弱点を改善することができます。

ホイールスペーサーを取り付ける場合は、ぜひこの内容を参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました