【保存版】ロングハブボルトを自分で交換する方法

ロングハブボルトを交換する

ホイールスペーサーなどを使って、もう少しホイールを外側に出したいという場合、純正のハブボルトのままではナットがボルトに数山しか掛からず、ホイール脱落の危険性が増えてしまいます。

そんなときに活躍するのがロングハブボルトです。

純正ハブボルトより、ホイールスペーサーの厚みだけ長いロングハブボルトを使えば、純正と同じ量のナットを締付けることができます。

そこで今回は、純正のハブボルトをロングハブボルトに交換する方法について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



パーツ取り付け

DIYメンテナンスマニア

当ブログ運営者。幼い頃からエンジン付きの乗り物に憧れがあり、大人になってから大好きな車のメンテナンス整備(ユーザー車検含む)を存分に楽しんでいる。自動車の個人売買(ヤフオクやメルカリなど)の経験もあるため、自分で名義変更手続きする方法も熟知。メカを楽しむ人向けにDIYメンテナンス情報をお届けしている。

DIYメンテナンスマニアをフォローする


DIYメンテナンスマニア
タイトルとURLをコピーしました