軽バンにリアアンダーミラー(バックドア補助ミラー)を取り付ける方法

リアアンダーミラーの取り付けに必要なもの

まずはじめに、リアアンダーミラーの取り付けに必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】補助ミラー本体(約1500円)

補助ミラー(CARMATE)

今回使用したのは、「隠れた障害物が見える社内取り付けの補助ミラー」というもので、軽バンやコンパクトカー、ミニバンなどに対応したリアアンダーミラーです。

リアアンダーミラーは湾曲して広範囲を映し出す

この補助ミラーはご覧のように湾曲しているため、車後方下側の広範囲を映し出すことができるようになっています。

価格は約1500円で、ホームセンターやカー用品店、ネットショップなどで簡単に手に入れることができます。

【必要なものその2】プラスドライバー

プラスドライバーでリアアンダーミラーの角度を調整固定

プラスドライバーはリアアンダーミラーの角度を調整した後に、その角度をしっかりと固定しておくためにネジを増し締めするのに使います。

普通サイズのプラスドライバーがあればいいので、持っていない場合は100円均一などで購入するといいでしょう。

リアアンダーミラーの具体的な取り付け方

ここからは、リアアンダーミラーの具体的な取り付け方についてお話していきます。

【STEP1】ミラーの取り付け位置を確認する

リアアンダーミラーは車内のリアガラスフレームに取り付け

ミラーは車内のバックドア上方のフレーム(リアガラスではない)に取り付けていきます。

ざっくりとドアのどのあたりに貼り付けるか検討しておきましょう。

【STEP2】ミラーを両面テープで貼り付ける

補助ミラーは両面テープで固定する

ミラーの固定は、上記のような両面テープで貼り付けるだけとなっています。

補助ミラーの裏紙を外す

後は、先ほど決めておいた取り付け場所(バックドアのフレーム部分)に貼り付けていきましょう。

バックドアに補助ミラーを貼り付けた

【STEP3】ミラーの角度を調整する

プラスドライバーでリアアンダーミラーの角度を調整固定

ミラーは上下方向に動かすことができますので、運転席に座った状態で車後方下側が映り込むようにミラーの角度を調整していきます。

運転席からミラーの角度を確認する

実際に三角コーンや子供のおもちゃなどをおいて映り込みを確認した時の様子がこちら。

リアアンダーミラー(バックドアミラー)の取り付け

補助ミラーの確認

こんな感じで、車の真後ろからある程度の範囲まで補助ミラーで確認することができるようになりました。

最後に一言

今回は、軽バンにリアアンダーミラー(バックドア補助ミラー)を取り付ける方法についてお話しました。

以前から車をバックさせる際、真後ろに子供がいても死角で見えないことがきになっていましたが、これでその大部分については解消することができるようになりました。

ただ、これでもまだ少しは死角がありますので、慎重に運転することは忘れずにいようと思います。

それでは!

 




タイトルとURLをコピーしました