【軽バン】自分でカーエアコンのエバポレーターを洗浄掃除する方法

【STEP1】パーツを取り外す

エバポレーターを洗浄するためには、まず、助手席ダッシュボード周りのパーツを外していく必要があります。

助手席のダッシュボード

グローブボックスは、開いて上に引っ張ると取り外すことが出来ます。

グローブボックスを取り外した

グローブボックスの後ろ側はこのような感じになっています。

グローブボックスの後ろ側

次に、エンジンコンピューター(黒色のBOX)の配線を取り外して、固定ネジを緩めていきます。

エンジンコンピューターの配線を取り外す

エンジンコンピューターを外した

エンジンコンピューターが外れると、ブロアファンBOX(白色)が見えてきます。

エンジンコンピューターを外した後

ファンモーター(黒色)はビス止め(3個所)されていますので、ドライバーで取り外していきます。

ファンモーターを取り外す

ファンモーターを取り外しているところ

取り外したファンモーターをよく見てみると、大きなホコリ汚れがかなり付着しています。

ファンモーターのホコリ

このファンの汚れは、後ほどブラシなどを使ってきれいに取り除いてあげることにします。

続いては、ファンボックスを分解していきます。

ファンボックスの上側カバーを固定しているネジを取り外し、少し狭いですがうまくずらしてエバポレーターが見えるようにしていきましょう。

ファンボックスの上側のカバーを外す

ダッシュボードの下側からエバポレーターが見えてきた

エバポレーターの部分を拡大して見てみると、こんな感じでホコリがびっしりと付いていることがよく分かります。

びっしりとホコリが付いたカーエアコンのエバポレーター

ざっくりと7割以上の面積がホコリで覆われてしまっています。

これではエアコンの風が弱くなってしまい、うまく車内を冷やすことが出来ませんね。

次のページでは、エアコンのエバポレーター掃除STEP2についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました