エンジンがかからなくなるバッテリー上がりの本当の原因を特定する方法

バッテリー上がりの原因がバッテリーにあるかどうかを見極める方法

まずはじめにお話しておきたいことは、バッテリーが上がってしまった原因がバッテリーであるかどうかを見極める方法についてです。

このことについて考える時は、まず、バッテリー上がりの原因がうっかりミスによるものか、そうでないかを考えておきましょう。

ライトの点けっぱなしでバッテリー上がり

例えば、エンジンOFFの状態でライトを点けっぱなしにしてしまっていたという場合、これはうっかりミスが原因なので、バッテリー上がりの原因はバッテリーではないということになります。

逆に、そのようなうっかりミスがない場合、ほとんどはバッテリーの劣化や寿命がバッテリー上がりの原因であり、それ以外の稀なケースとしてオルタネーターやレギュレーターなどの車両側のパーツの故障が考えられます。

この他にも、車内灯(ルームランプ)をDOORにしていたりして、ドアの開閉を検知するスイッチが故障して、ドアを閉じているのにルームランプがついたままになってしまっていたというケースもあったりします。

>>車内灯(ルームライト)が消えなくなる原因とその対処法まとめ

バッテリー上がりの原因を見極めるのが難しいのは、このバッテリーそのものの性能劣化などが原因なのか、その他のパーツが原因なのかというところになります。

プロの場合は専用のテスターなどでチャチャチャっとそれらのパーツの状態を確認して、何が原因だったのかを調べ上げていくわけなのですが、私たち素人がこのあたりのことを検証していく場合、一気にいろんなことを検証すると混乱してしまいます。

そこでおすすめの方法としては、まずはバッテリーの状態を徹底的に確認して、

  • バッテリーの状態がNG → バッテリー上がりの原因はバッテリーである
  • バッテリーの状態がOK → バッテリー上がりの原因はそれ以外にある

と考えていくのが良いのではないかと思います。

次のページでは、バッテリーの性能(劣化具合、寿命)を判定する具体的な方法についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



バッテリー

DIYメンテナンスマニア

当ブログ運営者。幼い頃からエンジン付きの乗り物に憧れがあり、大人になってから大好きな車のメンテナンス整備(ユーザー車検含む)を存分に楽しんでいる。自動車の個人売買(ヤフオクやメルカリなど)の経験もあるため、自分で名義変更手続きする方法も熟知。メカを楽しむ人向けにDIYメンテナンス情報をお届けしている。

DIYメンテナンスマニアをフォローする


DIYメンテナンスマニア
タイトルとURLをコピーしました