スマートキーが反応しない時の3つの原因と対処法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【原因その1】スマートキーの電池が切れている

まずはじめに考えられることは、スマートキーの電池切れです。

スマートキーを持って車内に入ってもメーターのスマートキーの警告灯が「緑色」などに変わらず「赤色」のままの場合、スマートキーが反応していないと考えられます。

スマートキーの警告灯が赤色のままの場合反応していない

この場合、スマートキーの電池が少しでも残っている場合、プッシュスイッチ(エンジンを掛けるためのスイッチ、電波の受信部が中にある)の近くにスマートキーを近づければ、弱い電波でも反応してくれることが多いです。

スマートキーをエンジンスイッチに近づける

スマートキーを近づけてエンジンをかける

また、スマートキーの中にメカニカルキー(ギザギザがついているキー)がある場合、それでエンジンを掛けることも可能です。

スマートキーの中にあるメカニカルキー

メカニカルキーを差し込んでエンジンをかける

メカニカルキーでエンジンをかける2

なお、スマートキーの電池交換の具体的な方法はこちらの記事で紹介しています。

>>スマートキーの電池を自分で交換する方法

【原因その2】ハンドルロックがかかってしまっている

最近のほとんどの車にはハンドルロックという盗難防止機能が付いています。

例えば、ハンドルを切った状態でエンジンをOFFすると自動的にハンドルがロックされ、エンジンを始動しないとハンドルを自由に動かせなくなったりします。

ただ、ハンドルロックがかかった状態だと、稀にエンジンスイッチを回せない(押しても反応しない)という状態になることがあります。

プッシュボタン式の場合、スイッチのランプの点灯状態でハンドルロックが解除されているかどうか確認することができます。

ハンドルロックの解除方法

出典)プリウス 取扱説明書|TOYOTA

このような場合は、停車状態でタイヤが向いている方向に更にもう少しだけハンドルを回してやるとハンドルロックが解除され、エンジンを掛けることができるようになります。

ハンドルロックでエンジンが掛けられない場合の対処法については、こちらの記事が参考になると思います。

>>車の鍵が回らない(エンジンがかからない)時の対処法

【原因その3】バッテリーが上がってしまっている

スマートキーは反応している(メーターの中のスマートキーの警告灯は緑色などになる)し、ハンドルロックもかかっていないにも関わらずエンジンが掛からない場合は、バッテリーが上がってしまっている可能性があります。

スマートキーが反応している時の警告灯

一般的なエンジン車の場合、この状態でエンジンスイッチを押しても、セルモーターが「ギュッ・・・」という感じで回らず、エンジンがかからないという感じになるでしょう。

ハイブリッド車の補機バッテリー(走行用の大きなバッテリーではなく、エンジンルームの方にある小さなバッテリー)が上がってしまった場合、リモコンでドアロックを解除できなくなったりすることもあります。

この場合、JAFを呼んだり、ジャンプスターターなどを使って自分で車のエンジンをかけるなどして対処していく必要があります。

バッテリー上がりの具体的な対処法については、こちらの記事が参考になると思います。

>>車のバッテリー上がりの対処法

最後に一言

今回は、スマートキーが反応しない時の3つの原因と対処法まとめについてお話しました。

スマートキーが反応せず、車が動かない時はすごく焦ってしまいますが、ちょっとしたことが原因だったのであれば自分だけでも対処していくことができます。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!




タイトルとURLをコピーしました