シートベルトのベタつく汗汚れの洗浄方法(過炭酸ナトリウム編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP1】シートベルトの固定ボルトを外す

まずはじめにやることは、シートベルトの先端を固定しているボルトを取り外すことです。

座席の後方下側に、下記のような感じのシートベルト固定箇所があります。

シートベルトの固定を取り外すボルトカバー

カバーをめくるとシートベルトを固定しているボルトが見えてきますので、めがねレンチなどでボルトを緩めて取外していきましょう。

シートベルトを固定しているボルト

シートベルトの固定をスパナで取り外す

シートベルトのボルトを外したところ

シートベルトの固定が外れたらシートベルトをすべて引き出し、クリップなどでシートベルトを引き出した状態で固定しておきましょう。

クリップでシートベルトを伸ばしたまま固定する

【STEP2】過炭酸ナトリウムを入れたお湯に浸す

次に、バケツの中にシートベルトを入れます。

バケツにシートベルトを入れる

そこに50℃程度のお湯をシートベルトの全体が浸かるまで入れていきましょう。

過炭酸ナトリウムの洗浄効果を高めるお湯

シートベルトを入れたバケツにお湯を入れる

そして、過炭酸ナトリウムを大さじ1杯入れていきます。

過炭酸ナトリウムをシートベルトの入ったバケツに入れる

すると、ブクブクと小さな泡を出しながら過炭酸ナトリウムがお湯に溶けていきます。

過炭酸ナトリウムがお湯に溶ける

この状態で2~3時間ほど放置し、過炭酸ナトリウムが汚れと反応するのを待ちます。

数時間後、バケツをチェックしに行くとこんな感じでお湯に汚れが溶け出してきます。

シートベルトの汚れ落とし(過炭酸ナトリウム)

この段階でシートベルトの汚れはまだ完全に取れてはいないのですが、この後のすすぎの工程で一気に綺麗にになります(既に汚れはかなりふやけている)ので、安心してください。

次のページでは、シートベルトの洗浄工程STEP3~4についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました