【故障症状】イグニッションコイルを自分で交換する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP1】イグニッションコイルのボルトとカプラーを外す

まずはじめに、イグニッションコイルを止めているボルトを、10mmのレンチを使って外していきましょう。

コイルを止めているボルトを外すための10mmのレンチ

ボルトが外れたら、イグニッションコイルに接続されているカプラーを外していきます。

イグニッションコイルのカプラーを外す

イグニッションコイルのボルトとカプラーが外れたら、後はイグニッションコイルを上に引き上げれば、簡単に外れます。

イグニッションコイルを外した後

今回取り外したコイル(左側の4本)と新品のイグニッションコイル(右側の4本)の比較がこちら。

新品のイグニッションコイルと取り外したイグニッションコイル

若干古いイグニッションコイルは色褪せして見えること以外、目立った外観の劣化(ヒビ、割れなど)は見られませんでした。

【STEP2】プラグを取り外す

次に、プラグレンチを使ってプラグを緩めていきます。

ただし、プラグが結構固く固着していることがあるので、先ほどイグニッションコイルのボルトを外す時に使った10mmのメガネレンチなどを使って、グッと力を入れてプラグを緩めました。

プラグレンチとめがねでプラグを緩める

プラグのネジが完全に緩んだら、先ほど紹介した方法(ネオジウム磁石+ドライバー)でプラグを吊り上げていきましょう。

ネオジウム磁石を使ってプラグを引き上げる

ちなみに、取り外したプラグはこんな感じで、白い物質が電極にたくさん付着していました。

古いプラグの状態

新しいプラグと古いプラグの比較

今回交換する予定のプラグメーカー(NGK)のホームページでこのプラグのやけ方を調べてみると・・・

プラグに起こる現象と対処方法|NGKスパークプラグ プラグスタジオ

出典)プラグに起こる現象と対処方法|NGK

ということで、根元側は多少くすぶった後がありますが、プラグの電極辺りのやけ具合はそこそこ良好で、目立った電極のすり減りもなかったので、まだしばらく使っていても大丈夫だったかなぁという感じでした。

次のページでは、イグニッションコイルとプラグの交換方法STEP3~4についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました