【初心者向け】自分で自動車のタイヤパンクを修理する方法

【STEP1】タイヤに刺さっているものを抜き取る

パンク修理の第一歩は、タイヤに刺さっているものを抜き取っていくことから始めていきましょう。

タイヤに釘が刺さってパンクしたものを修理する方法

今回の場合は、タイヤにネジが食い込んでしまっていますので、それをペンチなどを使って引き抜いてしまいましょう。

【STEP2】タイヤの穴に接着剤を塗る

次はスクリューマーという工具を使ってタイヤの穴に接着剤を塗っていく工程です。

まず、工具の先端部分に付属の接着剤をたっぷりと塗布していきます。

タイヤのパンク修理で使うスクリューマー

パンク修理工具のスクリューマーに接着剤をたっぷり塗る

そして、タイヤのパンク穴にスクリューマーを差し込んでいきます。

タイヤにスクリューマーを差し込む

実際にやってみると分かるのですが、この工程は結構力が必要で、グリッグリッ・・・と思いっきりねじ込んでやらないと工具がタイヤの中に入っていきません。

スクリューマーがタイヤの中に入った

完全にスクリューマーがタイヤの中に入ったら一度半分ぐらい引き抜いて、もう一度接着剤塗布し、再度タイヤの奥まで差し込みます。

スクリューマーに接着剤を塗布する

二度目にスクリューマーを押し込んだところ

次のページでは、タイヤパンクの修理方法STEP3~4についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました