【初心者向け】自分で自動車のタイヤパンクを修理する方法

パンク修理の種類について

まずはじめに、パンク修理の種類についてお話してきます。

応急修理(パンク修理剤など)

出典)パンク修理キット|TOYOTA

最近多くなってきた車載のパンク修理キットですが、これを使ったパンク修理はあくまでも応急修理となります。

このパンク修理キットの使い方としては、とりあえずパンクを応急処置しておいて自走して修理工場まで行き、そこでちゃんとしたパンク修理またはタイヤ交換をしてもらうという形です。

ただ、このパンク修理キットを使ってしまうと、シーラント剤でタイヤの中がベタベタになってしまっていて、作業するお店の人に嫌がられたり、最悪の場合このシーラント剤のせいでタイヤ修理はできないと断られてしまうこともあります。

修理剤の液体は,一度タイヤに入れちゃうとタイヤは交換しないとダメになります。釘穴ぐらいだったら,液体は使っちゃ駄目ですよ。修理剤の液体が化学反応して,普通のパンク修理キットのノリが効かなくなります。そうすると,修理可能なパンクでも修理不可能になっちゃいます。

パンク修理材を使った後

出典)タイヤのパンク修理剤ってこんな事になるんですね|電動の殿堂

タイヤ修理は約2000円、でもタイヤ交換となると一本あたり5000~20000円(タイヤサイズなどによって異なる)ですので、タイヤ修理をする場合は、車載のシーラント材を充填するタイプの修理キットは使わないほうがいいと思います。

恒久修理(内面修理、外面修理)

先程の車載パンク修理キットは応急修理でしたが、ここからお話する方法は恒久修理の種類の紹介です。

タイヤパンクの恒久修理には、外面修理と内面修理という2つの方法があります。

自分で車のタイヤのパンクを修理する方法

外面修理とは、上の写真にあるようにタイヤの外側からパンク補修材を差し込み、パンク穴を補修するという方法です。

この方法でパンク修理をすると、タイヤの内側にはこのような感じでパンク修理材の出っ張りが出ていて、外側は走行によって出っ張りが削れ取られて平面となっていくというイメージです。

パンクの外面修理の内面側

それに対して内面修理とは、ホイールからタイヤを取り外して、タイヤの内側にパンク修理パッチを貼り付けるという方法です。

パンクの内面修理と外面修理の例

出典)内側から貼るパンク修理|スタッドレスタイヤレンタル、タイヤガーデン掛川のブログ

内面修理の場合、ホイールからタイヤを取り外さなければならないので素人には難しいのですが、外面修理よりも確実にパンクを直すことができると言われています。

ただ、これまでも多くのお店で外面修理によるパンク修理が行われてきて、稀にパンク修理不良でエア漏れが出てしまうというケースがあるものの、外面修理の方が修理費用が安くメリットもあるため、外面修理にも根強い人気があります。

今回紹介する方法は、タイヤの着脱もなく、ホームセンターなどで売られている修理キットを使って簡単にパンク修理ができる外面修理の方法について紹介していきたいと思います。

次のページでは、車のパンク修理に必要な物についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました