【応急修理】パンクしたタイヤをスペアタイヤに交換する方法

【STEP4】スペアタイヤを取り付ける

次はいよいよスペアタイヤを取付けていく工程です。

まずはじめに知っておきたいことは、スペアタイヤには表と裏があるということです。

スペアタイヤの表側

スペアタイヤの表面

スペアタイヤの裏側

スペアタイヤの裏面

スペアタイヤの裏表がわかったところで、スペアタイヤの表側が手前になるような向きで車に取り付けていきます。

スペアタイヤを取り付ける前

スペアタイヤを取り付ける

スペアタイヤをセットできたら、ホイールナットを手で締め付けられるところまで締めていきます。

ホイールナットを手で締め付けていく

この時のポイントは、スペアタイヤを少し揺らしながらホイールナットを締め付けていくと、いい感じでスペアタイヤが定位置に固定されていきます。

スペアタイヤのホイールナットを取付けた

こんな感じでスペアタイヤがグラグラしない状態で、全てのホイールナットが手で締め付けられなくなったら、ジャッキを少しだけ下げてスペアタイヤが地面に接地する状態にしていきます。

スペアタイヤが地面に接地するまで下げる

ここからホイールナットをしっかりと締め付けていきます。

スペアタイヤのホイールナットを締め付けていく

ホイールナットを締め付ける際のポイントは、ホイールレンチの端っこを手に持ち、自分の全体重をグゥ~ッとゆっくり載せてあげるだけの締め付け力に留めるということです。

稀にホイールレンチを足でガツガツ蹴ってナットを締め付ける人を見かけますが、それだと締め付けすぎで、ホイールナットなどのネジ山を痛めてしまう可能性があります。

車載工具に入っているホイールレンチは平均的な体重の人が、自分の体重をホイールレンチの端っこに載せた時に正しい締付け力になるような柄の長さ(レンチの長さ)に設計されています。

そのことを理解した上でホイールナットを締め付けていくようにすると、いい感じでホイールナットを締め付けることができると思います。

ナットを締め付ける順番は先ほどナットを取り外した時と同じように、対角線上に(一番遠くに)あるナットを緩めていきます。

全てのホイールナットを締め付けることができたら、ゆっくりとジャッキを下げていき、ジャッキを取り外していきます。

ジャッキを抜き取ってスペアタイヤ交換が完了

お疲れ様でした。

これでパンクしたタイヤのスペアタイヤへの交換は完了です。

取り出した工具やスペアタイヤを取り出した時に緩めた固定ボルトなどをもとに戻し、パンクしたタイヤを載せ、ゆっくりと車を走らせてみてください。

テンパータイヤはかなりロードノイズが大きいですので、「ブゥ~ン・・・」という音が結構しますがそれは正常ですので気にしなくてOKです。

先程もお話しましたが、テンパータイヤはあくまでも応急用のタイヤなので時速は100km/h以下で、あまり長い距離を走らないようにし、早めにパンクしたタイヤを修理し、それに付け替えることをおすすめします。

>>車のタイヤパンクを自分で修理する方法

次のページでは、パンクした時にスペアタイヤに交換するメリット・デメリットについてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました