【応急修理】パンクしたタイヤをスペアタイヤに交換する方法

【STEP3】ホイールナットを緩める

ここからはいよいよホイールナットを緩めていく工程です。

ホイールレンチをホイールナットのところに差し込み、レンチを反時計回りにまわしてホイールナットを緩めていきましょう。

ホイールナットを反時計回しに緩める

ただし、この時点でホイールナットを緩めるのは1/2回転ぐらいだけ。

完全にナットを取り外してしまわないようにしてください。

どうしてもホイールナットが固くて回らない場合、足をホイールレンチの端っこに載せ、グィッと力を入れてやるとナットを緩めることができます。

一つ目のナットを1/2回転ほど緩めることができたら、次に緩めるナットは先程緩めたナットの対角線上にある(一番遠いところにある)ナットです。

タイヤのナットを緩める順番

出典)NOAH取扱書|TOYOTA

上の図のような順番で全てのナットを1/2回転だけ緩めておきましょう。

全てのナットを緩めることができたら、次は完全にタイヤが浮き上がるまでジャッキアップし、ホイールナットを取り外していきます。

完全にタイヤが浮き上がるまでジャッキアップ

タイヤを地面に設置させた状態で一度ナットを緩めておけば、このような感じでタイヤを完全に持ち上げてしまっても、ホイールナットは結構緩んでいるので、タイヤが共回りしてしまってホイールナットが外れないということもなくなります。

ホイールナットを取り外す

全てのホイールナットが取り外せたら、タイヤを少し上に持ち上げながら手前側に引っ張ると、こんな感じでパンクしたタイヤを取り外すことができます。

パンクしたタイヤを取り外したところ

次のページでは、スペアタイヤの交換方法STEP4についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました