【応急修理】パンクしたタイヤをスペアタイヤに交換する方法

スペアタイヤに交換するために必要な物

まずはじめに、車のパンクしたタイヤをスペアタイヤに交換するために必要な物についてお話していきます。

【必要な物その1】スペアタイヤ(テンパータイヤ、応急タイヤ)

車のタイヤがパンクした時に交換するスペアタイヤ(テンパータイヤ、応急タイヤ)

パンクしたタイヤの代わり取り付けるのがスペアタイヤです。

本来スペアタイヤという名前は、車についているタイヤと同じものをもう一本余分に購入してスペアしておくことを指しますが、日本での一般的な車の場合、上記のようなテンパータイヤ(応急タイヤ)と呼ばれるものが車のトランクの下や床下などに積載されています。

スペアタイヤが保管されているのはトランク下か床下

テンパータイヤの役目は応急的に車を移動させることであり、使用にあたっては以下のような制限があります。

スペアタイヤ(テンパータイヤ)の注意事項

  • 100km/h以下の速度で走行する必要がある
  • 応急タイヤにタイヤチェーンは使えない
  • 応急タイヤは一時的な利用に限り、できる限り速く修理したタイヤに交換しなければならない

この注意ラベルから分かる通り、テンパータイヤはあくまでも応急的な使用に限られることを知っておきましょう。

【必要な物その2】車載工具

パンクしたタイヤをスペアタイヤに交換する為に使う道具は、はじめから車に積載されている車載工具があればOKです。

車載工具が載せられている場所はトランクの下や座席の下などで、車の取扱説明書を読めばどこに車載道具があるのか確認することができます。

車載工具が入っている場所

車載工具が座席の下に収納されていた

スペアタイヤ交換で使う車載工具

この黒い袋の中にホイールレンチやタイヤストッパーなどが入っています。

スペアタイヤに交換する時に使う車載工具

基本的には、上の写真に写っている道具があればスペアタイヤへの交換が可能です。

次のページでは、パンクしたタイヤをスペアタイヤに交換する具体的な方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました