【インロック】車内にキー閉じ込みの対処法について徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キー閉じ込みを予防する方法

先程のJAFの統計を思い出してもらうと分かるのですが、キー閉じ込みは人生に何回か経験する可能性のあるトラブルです。

キー閉じ込みの経験回数

出典)キー閉じ込み|JAF

ですので、一度キー閉じ込みを経験した場合は、再びキー閉じ込みでロードサービスを呼ぶことのないようにしたいですよね。

キー閉じ込みの一番の予防策は、事前にスペアキーを作っておき、それを専用のケースなどに入れて車のフロア下などに貼り付けておくことです。

スペアキー(合鍵)を作る

キー閉じ込めを未然に防ぐスペアキーを入れるケース

スマートキーなどの場合も、メカニカルキー(金属製の鍵)のスペアを作っておけば、キー閉じ込みの際にドアを開けることは可能になります。

スマートキーの中にあるメカニカルキー

スペアキーを車の車外のフロア下などに隠しておけば、万が一キー閉じ込みにあったとしても、そのスペアキーを使ってドアを解錠することができます。

防犯上それはよくないという場合でも、とにかくスペアキーだけは作っておいて、それを自宅に保管しておくだけでも、万が一キーとじ込みが発生した時に、誰かに頼ってそのスペアキーを持ってきてもらうなどの方法を取ることができます。

このようなドアロックを解除するだけのスペアキーであれば、近所の鍵屋さんで2000~3000円程で作ってもらえると思いますので、保険のつもりで作っておくことをおすすめします。

最後に一言

今回は、【インロック】車内にキー閉じ込みの対処法について徹底解説について徹底解説についてお話しました。

キーとじ込みは誰もが一度は経験してしまうロードトラブルというぐらいメージャーなものです。

一度目はしょうが無いですが、二度目以降はそうならないようにスペアキーを作っておくなどの対策をねっておきましょう。

それでは!




タイトルとURLをコピーしました