【後付け】社外クルコンを自分でDIY取付する方法(PIVOT 3-drive AC)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP1】ブレーキハーネスを取り付ける

ここからは、後付けクルコンの具体的な取り付け方についてお話していきます。

まずはじめに、ブレーキの根元にあるカプラーを取り外していきます。

後付けクルコンのハーネスを取り付けるブレーキカプラー

ブレーキの根元にあるカプラーを取り外す

次に、ブレーキハーネスを箱から取り出し、先ほど取り外したカプラーの間に割り込ませます。

後付けクルコンのブレーキハーネス

後付けクルコンのブレーキ用のハーネス

後付けクルコンのブレーキハーネスを取り付けた

ハーネスのもう片側は、クルコン本体から出ている配線に接続します。

後付けクルコンのブレーキハーネス接続後

ちなみに、ハーネス側の配線と本体側の配線の色は同じになるとは限らないので、どの色の配線をどこに繋げばよいかは説明書を見れば分かるようになっていましたよ。

【STEP2】アクセルハーネスを取り付ける

次は、アクセルハーネスを取り付けていきます。

まず、アクセルの根元にあるカプラーを外しておきましょう。

アクセルの根元にあるカプラーを取り外す

アクセルカプラーを取り外す

そこに箱から取り出したアクセルハーネスを取り付けていきます。

箱から取り出したアクセルハーネス

アクセルハーネスを取り付けた様子

アクセルハーネスを取り付けた

アクセルハーネスのもう片方は、クルコン本体から出ているカプラーに接続しましょう。

アクセルハーネスとクルコンを接続

ここまではブレーキやアクセルのハーネスキットを購入していれば、配線のハンダ付けなどをせずとも、比較的簡単に接続していくことができます。

次のページでは、クルコンの取り付けステップ3~4についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました