【軽自動車】ユーザー車検の具体的な手続き方法まとめ(書類、点検整備、検査ライン攻略まで)

【STEP2】ユーザー車検に必要な書類を手に入れる

軽自動車のユーザー車検で必要になる書類は以下の通りとなります。

軽自動車のユーザー車検に必要な書類

  1. 軽自動車検査票
  2. 継続検査申請書(軽専用第二号様式)
  3. 自動車重量税納付書
  4. 点検整備記録簿
  5. 自動車検査証(車検証)
  6. 自動車損害賠償責任保険(共済)証明書(自賠責保険証)
  7. 軽自動車税納税証明書(領収書をなくしてしまった場合は、市区町村役場で再発行可能)

このうち5~7は手元にある(車のダッシュボードの中などに保管されている)ものとなりますので、事前に受け取っておく必要のある書類は上記の1~4となります。

1~4の書類は軽自動車検査協会で入手することが可能ですので、車検当日に受け取って、検査直前に記入提出してもOKです。

ですが、今回の場合は事前に車の点検整備をするための「4.点検整備記録簿」がほしかったということと、車検をスムーズに受けるために検査ラインの見学もしておきたかったので、車検を受ける1周間ほど前に軽自動車検査協会に行って書類を受け取ってきました。

1.軽自動車検査票

軽自動車検査表

2.継続検査申請書(軽専用第二号様式)

継続検査申請書

3.自動車重量税納付書

自動車重量税納付書

4.点検整備記録簿

ユーザー車検で使った点検整備記録簿

書類を受け取った後に窓口の人に「検査ラインを見学してきてもいいですか?」と聞くと、「ラインを見学できる場所がありますので、そちらで見学することができます。」ということでした。

軽自動車の検査ライン

事前に検査ラインを見学しておけば、自分が車を検査ラインに持ち込んだ時に何をすればいいのかよく分かりますので、特に初めての場合は事前見学することをおすすめします。

ちなみに、近くの軽自動車検査協会のの詳細な場所はこちらのサイトで検索することができます。

>>軽自動車検査協会

次のページでは、ユーザー車検STEP3(車の点検整備の方法)についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました