カーエアコン添加剤のDIY施工方法(パワーエアコンプラス編)

カーエアコン添加剤の具体的な施工方法

ここからは、カーエアコン添加剤の具体的な施工方法についてお話していきます。

【STEP1】エンジンルームにある低圧チャージポートを見つける

まず始めにやるべきことは、エンジンルームの中にある低圧側のチャージポートを見つけておくことです。

カーエアコンの低圧側チャージポート

カーエアコンのチャージポートは高圧側(H)と低圧側(L)がありますが、今回の添加剤を入れる時に使うのは低圧側(L)の方です。

チャージポートのキャップは手で反時計回りに回していけば取り外すことが出来ます。

エアコンの低圧側チャージングポートのキャップを外す

このキャップを外す時点では冷媒が漏れ出してくることはありませんので安心して取り外しておいてください。

【STEP2】チャージングホースに添加剤の缶をセットする

次はチャージングホースの蝶ネジが付いている側に添加剤の缶をセットしていきましょう。

まず、チャージングホースの片方についている蝶ネジを反時計回り(緩める側)に回していき、中についている針が奥に引っ込んでいることを確認してください。

チャージングホースの針が出ている状態

チャージングホースの針が奥に引っ込んだ状態

針を奥に引っ込めたら、添加剤の缶を回しながらしっかりとセットしていきましょう。

カーエアコンの添加剤をチャージングホースにセット

チャージングホースの蝶ネジは締め込んでしまうと缶の封が開いてしまいますので、チャージングホースをカーエアコンに接続するまでは、蝶ネジが一番緩んだ状態のまま(内部の針が奥に引っ込んだまま)締め込まないようにしてください。

【STEP3】エアコンをONにする

チャージングホースをカーエアコンにセットする前に、エアコンをONにしておきましょう。

エアコンの設定条件は以下の通り。

  • エンジン;ON
  • ACスイッチ;ON
  • 設定温度;最低
  • 風量;最大
  • 車の窓やドア;全開

このようにエアコンを設定し、カーエアコンのコンプレッサーがしっかり作動する(低圧側のチャージポートの圧力が下がる)状況を作り出しておきます。

このエアコン設定をせずに添加剤を充填してしまうと、車内温度が冷えてしまったりしてエアコン(コンプレッサー)が自動でOFFになってしまうことがあります。

そうなってしまうと、次のSTEP4で行う添加剤の充填作業中にエアコンのコンプレサーがOFFになり、添加剤の缶内部の圧力よりカーエアコンの低圧側ポートの圧力が高くなることがあり、上手く添加剤がカーエアコンの中に入っていかないことがあります。

ポイントはエアコンの負荷を大きくして(設定温度を低めにする、車内環境温度を高くする)、常にエアコンのコンプレッサーが常に動いている状態を作り出しておくことです。

忘れずにやっておいてくださいね。

次のページでは、カーエアコンの添加剤を実際に充填するSTEPについてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました