【格安】フロントハブベアリング異音のDIY交換修理方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP1】タイヤを取り外す

まずはじめに、自動車をジャッキアップし、タイヤを取り外していきます。

タイヤ交換に必要な工具

ハイゼットフロントハブベアリング異音修理の方法

タイヤの取り外し方が分からない場合は、こちらの記事を参考になると思います。

>>【工賃節約】自分で車のタイヤを交換(着脱)する方法|格安タイヤマニア

【STEP2】ブレーキキャリパーを取り外す

続いて、メガネレンチを使ってブレーキキャリパーを取り外していきます。

ブレーキキャリパーのボルト位置

ブレーキキャリパーのボルトを外す

ブレーキキャリパーが外れたら、ブレーキラインのホースに負荷がかからないように、ワイヤーやS字フックなどを使ってどこかにぶら下げておきましょう。

外れたブレーキキャリパー

ブレーキキャリパーをS字フックでぶら下げる

【STEP3】タイロットエンドを外す

次に、ナックルに繋がっているタイロットエンドのナットを取り外します。

そして、ボールジョイントをボールジョイントプーラーを使って取り外していきます。

ボールジョイントプーラーでタイロットエンドを外す

ジョイントプーラーをメガネレンチで締める

ここで注意点が一つ、取り外したナットはボルトとツライチになる(ボルトとナットが平らになる)位置にしておき、ボールジョイントプーラーが直接ボルトに接するのではなく、ナットに接するようにセットしていきます。(写真はボルトに直接取り付けている悪い例です。)

間違って上記の写真のようにボルトだけでジョイントプーラーを使ってしまうと、ボルトが曲がってネジ山が崩れ、再びボルトを使うことができなくなってしまう(ナットが取り付けられなくなってしまう)ことがあります。

この点に注意して、タイロットエンドをナックルから取り外しておきましょう。

次のページでは、ハブリング異音修理のSTEP4~6についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました