【あおり運転事故】リアカメラ付きドライブレコーダーを取り付ける方法

自分でリアカメラ付きドライブレコーダーを取り付ける方法

最近テレビなどで煽り運転の被害にあった人の話がたびたび報道されています。

もしも自分がそのようなあおり運転や事故の被害に遭ってしまったの時の証拠を残すために、自分をそして家族を守るためにも、車にドライブレコーダーを取り付けたいと思っている人は多いと思います。

というのも、ドライブレコーダーで事故、事件当時の様子が映像で残っていれば、それが動かぬ証拠となり、裁判などで有利に話を進めていくことができる可能性があるからです。

けれど、いざドライブレコーダーをお店で取り付けてもらうと本体代金以外にも10000~15000円の工賃が必要になってしまうため、取り付けを躊躇してしまいませんか?

「配線などは少々表に出ていてもいいので、工賃を節約するために自分でドライブレコーダーを取り付けることは出来ないのだろうか?」

私の場合、ミラー一体型のドライブレコーダー(リアカメラ付き、約9000円)をアマゾンで購入し、その後、お店ではなく、自分で車に取り付けることができました。

ということで今回は、リアカメラ付きのミラー一体型ドライブレコーダーの取り付け方について、写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーの取り付けに必要なもの

まずはじめにドライブレコーダーの取り付けに必要なものについてお話しておきます。

【準備物その1】ドライブレコーダー本体

ミラー一体型でバックカメラ付きのドライブレコーダー

今回用意したのはミラータイプでバックカメラも付属しているドライブレコーダー(鬼どら、約6000円)です。

どうしてこのドライブレコーダーを選んだのかと言うと、取り付け位置を考えなくて済むミラー型タイプであることと、後方の映像も記録できる分離型のバックカメラも付いたタイプで、一万円を切るという低価格が決め手でした。

ミラー一体型ドライブレコーダーの本体

ドライブレコーダーのリアカメラ

中国製なのが若干気になりましたが、ものは試しということで思い切って購入してみましたが、結果的には初期不良はなく、あとはどれだけ耐久性があるかといったところですが、その点は随時更新していきます。

リアカメラ付きであれば、後ろから追突されたときや後方から煽られている時の様子もしっかりと動画で残すことができますので、万が一の時の証拠として活用すること可能ですよ。

【準備物その2】SDカード

ネットなどで売られている安いドライブレコーダーには、録画データを記録しておくためのSDカードが別売りのものがほとんど。

ということで今回は、データ容量が大きめの32GBで、データの転送速度が速いclass10のSDカード(Transcend microSDHCカード、約1500円)をドライブレコーダーの注文時に頼んでおきました。

ドライブレコーダーに必要なSDカード

ドライブレコーダーで使うには、これぐらいのスペックのSDカードを準備しておけば十分でしょう。

【準備物その3】ワイヤーステッカー(配線固定用)

ドライブレコーダーの配線(電源ケーブルなど)を固定するために、シールタイプの配線固定部品(ワイヤーステッカー)を使います。

配線を固定するためのワイヤーステッカー

これはホームセンターのカー用品売り場で売られていますので、小さめのものをだいたい40個程度(約500円)購入しておいてください。

【準備物その4】電源配線

普通、ドライブレコーダーの取り付けをお店に頼んだ場合、ヒューズボックスから電源を取ってくれますので、シガーライターが塞がらず、すっきりとした出来上がりになります。

DIYでヒューズボックスから電源を取ることは可能ですが、ちゃんとそれぞれのドライブレコーダーにあった電圧の電源を確保しなければならなかったりするため、少々専門的な知識が必要になります。

そこで今回は、電源を難しくて面倒なヒューズボックスから取るのではなく、誰にでも簡単にシガーライターに挿入するだけで取り付けられるシガープラグ(ドライブレコーダーに付属)を活用することにしました。

ドライブレコーダーの電源配線

ただ、シガーライターをドライブレコーダーで使ってしまった場合、携帯電話の充電やその他のシガーライターを使うカーアクセサリーが使えなくなってしまうため、2連ソケットなどを準備しておくことをおすすめします。

次のページでは、ドライブレコーダーの具体的な取り付け方についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました