【保存版】自分でブレーキパッド&ローターを交換する方法

具体的な交換方法

ここからは、ブレーキパッドとブレーキローターの具体的な交換方法についてお話していきます。

【STEP1】車をジャッキアップしタイヤを取り外す

まず車載工具&ジャッキを使ってタイヤを取り外していきましょう。

タイヤ交換に必要なジャッキと十字レンチ(トルクレンチ)

タイヤを取り外した後

【STEP2】キャリパーの後ろのボルト(14mm、2ヶ所)を緩める

次に、キャリパーの後ろにあるボルトを緩めていくのですが、その前にハンドルをこんな感じで切っておくと作業がしやすくなりますので、右側の作業をする場合は右側にハンドルを切っておくと良いでしょう。

ハンドルを切っておくと作業がしやすい

で、緩めるボルト(14mm、2ヶ所)はこちら。

キャリパーについている14mmのボルトを緩める

かたく固着している場合がありますので、モンキーではなくメガネレンチを使うことをおすすめします。

メガネレンチでキャリパーのボルトを外す

14mmのメガネレンチでブレーキキャリパーを止めているボルトを緩める

下側のボルトを完全に取り外し、上側のボルトを緩めることができると、こんな感じでブレーキキャリパーを持ち上げることができます。

ブレーキキャリパーを持ち上げる

ブレーキキャリパーを持ち上げる2

ブレーキキャリパーを持ち上げる3

次の工程でブレーキパッドを取り外していきますので、こんな感じでキャリパーを上に持ち上げて固定しておきます。

【STEP3】古いブレーキパッドを取り外す

この段階になると、ブレーキパッドを手で簡単に取り外すことができます。

ブレーキパッドを外す1

ブレーキパッドの取り外し

反対側のブレーキパッドもこんな感じで簡単に取り外すことができます。

反対側のブレーキパッドの取り外し

反対側のブレーキパッドの取り外し2

取り外したブレーキパッドには再利用する金属のパーツ(シム)が一つのブレーキパッドに1~2枚ほどついていますので、それを捨てないように取り外していきます。

ブレーキパッドについているシムを取り外す

使用後のブレーキパッドを分解した

シムはブレーキを踏み込んだ時になるキィー・・・というブレーキ鳴きを予防するためのパーツで、ブレーキパッドのセットに付属していないことがほとんどです。

サーキット走行する人の場合、シムを取り外すことによってブレーキのタッチ感を良くしている(その代わりキィーという音はするようになる)こともありますので、なくてもOKなパーツです。

ただ、一般的にはブレーキは鳴かない方がいいと考える人がほとんどですので、このシムは新しいブレーキパッドに取り付けて再利用していきます。

取り外したシムには相当な油汚れがついていますので、パーツクリーナーやボロ布などを使ってきれいにしておきましょう。

金属パーツをパーツクリーナーで洗浄

ボロ布でパーツの汚れをふき取る

清掃後のブレーキ鳴き度めのシム

ほとんどの場合、購入したブレーキパッドのセットの中に、このような金属パーツは付属されていませんので、洗浄してきれいにした金属パーツは、新しいブレーキパッドを装着する時に再利用するまでなくさないように保管しておいてくださいね。

次のページでは、ブレーキパッド交換STEP4~6についてお話していきます。