【バッテリー上がり】ジャンプスターターでエンジンをかける方法

ジャンプスターターでバッテリー上がりエンジンを指導

エンジンをかけようと思ったら、うんともすんとも言わない・・・

「しまった、スモールライトが点けっぱなしになっていた。これはバッテリー上がりだ・・・。」

という感じで、全く予想もしていなかった時に起こってしまうバッテリー上がり。

そんな時に役に立つのが「ジャンプスターター」です。

ジャンプスターターとはモバイルバッテリーの大容量版のようなもので、付属の接続ケーブルをバッテリー端子に接続するだけで、いとも簡単にエンジンを始動させることができます。

今回は、一人でも簡単にバッテリー上がり車のエンジンを始動することができるジャンプスターターの使い方について詳しくお話していきます。

ジャンプスターターについて

ジャンプスターターとは、モバイルバッテリーの大容量版のようなもので、エンジンを始動させるセルモーターを回すための電気を持ち運べるというものです。

大型車のバッテリー上がりにも使えるジャンプスターター

ジャンプスターターの中身

ジャンプスターターは近所にあるようなホームセンターなどではあまり売られておらず、ネットショップなどで3000~10000円ほどで購入することができます。

今回、私が購入したのは大型車まで対応した容量(14000mAH)のものだったので、少し高めの8000円でした。

ちなみに、軽自動車やコンパクトカーなどに使う場合、もっと小型で安いもの(3000~5000円)で対応できますので、ご参考まで。

ジャンプスターターのいいところは、購入した段階で既に8~9割ほど充電されているため、届いたその日にバッテリー上がり車のエンジン始動に使える点です。

バッテリー上がりに使えるジャンプスターターの購入直後の容量

ですので、初めてのバッテリー上がりだけど、別の移動手段も使えるので、車のエンジンは2~3日後までにかかればいいというような場合、このようなジャンプスターターを注文しておいて、それが届いてから車のエンジンをかけていくという流れもありだと思います。

ジャンプスターターを使ってバッテリー上がり車のエンジンをかける方法

まずはじめに、ジャンプスターターに付属のバッテリー接続ケーブルを接続します。

ジャンプスターターにカバーがある

ジャンプスターターのカバーを開く

ジャンプスターターに配線を接続する

その後、バッテリーのマイナス端子に黒色のケーブルを、プラス端子に赤色のケーブルを順番に接続していきましょう。

ジャンプスターターでバッテリー上がりエンジンを指導

後はこの状態でいつもと同じように鍵を回せば、バッテリー上がり車のエンジンをかけることができます。

ほとんどのジャンプスターターは一回の満充電で、バッテリー上がり車のエンジンを10回以上かけることができるぐらいの容量を持っていますので、一発でエンジンがかからなくても焦らなくて大丈夫です。

エンジンを掛けることができたら、先ほどと逆の手順でジャンプスターターのケーブルを外していけば、バッテリー上がり車のエンジン始動作業は完了です。

なお、エンジンを始動させた後は空になってるバッテリーを充電するために、1時間ぐらい走行するか、エンジンをつけ放しにしておくことをおすすめします。

ジャンプスターターのメリット

ここからは、ジャンプスターターを使ってバッテリー上がり車のエンジンを始動させる方法のメリットについてお話していきます。

【メリットその1】いつでもどこでも、とにかく簡単!

この記事を読んでもらうと分かる通り、ジャンプスターターを使ったエンジンの始動はとても簡単です。

バッテリーターミナルに赤と黒のコードを接続させるだけで、いつでもどこでもあっという間にバッテリーが上がってしまった車のエンジンを始動させることができます。

ジャンプスターターでバッテリー上がりエンジンを指導

【メリットその2】もう一台車を準備する必要がない

一昔前までは、バッテリー上がりといえば、もう一台車を準備してブースターケーブルで2台の車のバッテリーを繋いでエンジンを始動させなければなりませんでした。

バッテリー上がりをブースターケーブルでエンジン始動

ですが、ジャンプスターターの場合、ジャンプスターターの中にエンジンを始動させるために必要な電気を蓄えているため、ジャンプスターターさえあればバッテリー上がり車のエンジンを始動させることができます。

車が一台しかない場合はジャンプスターターが圧倒的に便利だと思います。

【メリットその3】モバイルバッテリーとしても使える

ジャンプスターターはモバイルバッテリーとしても活用できるため、例えば車中泊なんかをする場合、エンジンOFFのときのスマホの充電などにも活用することができます。

ジャンプスターターで携帯電話を充電

ジャンプスターターのデメリット

ここからは、ジャンプスターターを使ってバッテリー上がり車のエンジンを始動させる方法のデメリットについてお話していきます。

【デメリットその1】本体がちょっと高い

ジャンプスターターを購入しようとすると4000~10000円ぐらいは必要となるため、ちょっと買おうかどうか迷ってしまいます。

逆に、ブースターケーブルの場合、ホームセンターなどで1000円程度で購入することができます。

ブースターケーブル

車を複数台持っている場合は、ブースターケーブルの方が少ない出費でバッテリー上がり車のエンジンを始動させることができます。

>>【バッテリー上がり】ブースターケーブルでエンジンをかける方法

【デメリットその2】定期的に充電する必要がある

ジャンプスターターは購入直後でも7~8割ほど充電されていることがほとんどで、何も使わなくても1年ぐらいは充電しなくてもOKと言われていいます。

バッテリー上がりに使えるジャンプスターターの購入直後の容量

ですが、モバイルバッテリーなどの用途で活用している場合など、ジャンプスターターのバッテリーがなくなってきている場合、いざという時にエンジンを始動させる分の電気が残ってなかった・・・なんてこともありえます。

定期的に充電を行い、容量が50%を下回らないようにしておくことが大切です。

【デメリットその3】本格的なバッテリーの充電はできない

ジャンプスターターは車のエンジンを始動させるための電気を供給するだけのもので、バッテリーが上がってしまた車のバッテリーを充電するものではありません。

ですので、バッテリーが上がってしまった直後のバッテリーの中にはあまり電気が蓄えられていない状態なので、その後車を1時間ほど走らせてバッテリーを充電したり、家庭用のバッテリー充電器などでバッテリーを充電して上げる必要があります。

家庭用の充電器の中にはサルフェーション現象で弱っってえしまったバッテリーを再生させる機能(パルス充電)ができるものもありますので、バッテリー上がりを予防するという意味ではそのような充電器を活用するのも一つの手だと思います。

>>【パルス充電器】車のバッテリー性能をDIY再生させる方法

最後に一言

今回は、【バッテリー上がり】ジャンプスターターでエンジンをかける方法についてお話しました。

このようにジャンプスターターの使い方はとても簡単なので、車を一台しか持ってなくてブースターケーブルを使えない場合や、初めてバッテリー上がりを経験した人におすすめの道具です。

ちなみに、あの夢の国、ディズニーランドの駐車場におけるバッテリー上がりの際にもこのようなジャンプスターターが使われています。

Bさんが車からノートパソコンくらいの大きさの箱の機材(?)を取り出しました。

「こんな小っちゃいモンじゃ頼りないかぁーい?」

うん、本当は心配です、とっても。

Bさんは赤黒の2本ケーブルで機材と僕の車を繋ぎました。

「今からマホーかけるからねぇー」

オジサンごめん、今冗談言う余裕ないんです…。

Bさん「ハイッ、じゃエンジン回してみてぇー」

僕「…はい」

半信半疑のままエンジンを回してみると…

おぉ!?

頼もしいエンジンの回転音がします!

直りました、直ってます。

こんなに早く復旧するとは、さすが魔法の国ディズニーランドです。

引用)ディズニーランドの駐車場で車のバッテリーがあがった!でもファンタジーは終わっていなかった!|本日も◯◯でシアワセです~

ジャンプスターターはバッテリー上がり車のエンジンをかけるだけではなく、スマホやパソコンの充電などにも使えますし、ジャンプスターターを車に常備しておけば、今後バッテリー上がりで車が動かなくなるリスクがなくなります。

車やバイクを一台しか持っていないためにブースターケーブルを使えなかったり、近所に頼れる知り合いがいないような場合は、このようなジャンプスターターの購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました