【保存版】車のバッテリー上がりの対処法まとめ

バッテリーが上がってしまった時の対処法について

ここからは、バッテリーが上がってしまった時の対処法について、ステップごとに詳しくお話していきます。

【STEP1】エンジンがかからなくなった原因がバッテリー上がりなのか考えてみる

急に車のエンジンがかからなくなってしまった時、まず考えなければならないことは、「エンジンがかからなくなってしまったのは本当にバッテリー上がりが原因なのか」を考える必要があります。

バッテリー上がりの原因

例えば、エンジンを切った状態で半ドアで室内灯がついたままだったとか、エアコンやライトを長時間点けっぱなしだったなど、バッテリー上がりの原因に心当たりがある場合、それは

「エンジンがかからなくなった原因」=「バッテリー上がり」

という風に判断でき、そのような単発的なバッテリー上がりの場合は以下で紹介する方法でエンジンを再始動させれば、そのまま車を運転することができます。

でも、エンジンを掛ける時に使うセルモーターや走行中に電気を発電するオルタネーターというパーツが故障してたり、そもそもバッテリーそのものが劣化破損してしまっているような場合、うまくエンジンを再始動することができたとしても、すぐにまた車が動かなくなってしまうからです。

ですので、バッテリー上がりの対処法STEP1としては、「バッテリーが上がってしまった原因(ライトの点けっぱなしなど)に心当たりがあるかどうか?」考えてからSTEP2に進んでください。

ちなみに、ハイブリッド車や電気自動車の場合、走行用に使うバッテリーと補機類のバッテリー(一般的なガソリン自動車についているものと同じ12Vの四角いタイプもの)が搭載されていて、後者の補機類のバッテリーが上がってしまうとガソリン車と同じように走行ができなくなってしまいます。

出典)補機バッテリーがあがったときは|TOYOTA

このような補機類を動かすためのバッテリー上がりの対処法はガソリン車と同じですので、ご参考まで。

【STEP2】ロードサービスを呼ぶか?自分でエンジンを再始動させるか?

次にやるべきことは、JAFなどのロードサービスを呼ぶのか、自分でエンジンを再始動させるかを決めることです。

【バッテリー上がり】ブースターケーブルの具体的な使い方

まず、バッテリーが上がってしまった場所が自宅から遠くはなれた場所、かつ、近くにブースターケーブルなどが購入できるようなホームセンターやカー用品点が見当たらないない、自分ではバッテリーが上がってしまった車のエンジンを再始動させる方法が見当もつかないような場合、JAFなどのロードサービスを呼ぶことをおすすめします。

また、初めてのバッテリー上がりの場合も、安全のためにも自分だけでエンジンを始動させるのはなるべく避け、メカに詳しい知り合いなどを呼んで一緒に作業をしてもらうか、少々お金はかかってしまうけれどもロードサービスを呼び、そこでバッテリー上がり車のエンジン始動方法など、プロの作業手順を見て学ぶのがいいでしょう。

出典)ブースタケーブルによる救援。|一般社団法人電池工業会

というのも、バッテリーが上がってしまった車のエンジンを再始動させる方法はとても簡単な作業なのですが、手順を間違ったりすると故障や感電の可能性もあるからです。

ですので、「初めてのバッテリー上がりの場合」は、慣れた人が作業しているところをよ~く見ておいて、次にバッテリーが上がってしまった時には自分で復旧できるようになるための「いいチャンス」だと捉えるのが良いのではないかと思います。

JAF(ロードサービス)の具体的な呼び方

ロードサービスのJAFはこちらから呼ぶことができます。

出典)JAFを呼ぶ|JAF

JAFが現場に到着するまでの時間はだいたい20~40分程度のことが多いようです。

気になるJAFのバッテリー上がり救援作業(エンジンの再始動のみ)の料金は約13000円、それにバッテリー交換が必要な場合はバッテリー代が上乗せ実費となり、庶民にはなかなかの痛手となってしまいそうです。

出典)料金のご案内|JAF

ただ、JAFの場合、料金の支払いは現金だけではなくクレジットカードなども使えるため、その場はとりあえずクレジットカードで支払っておいて、後からその支払をクレジットカードの方で分割払いにすることも可能です。

なお、全く持ち合わせがない場合でも、身元確認などができれば支払いを一時的に待ってもらえる場合もあるようなので、とりあえず自分ではエンジンの再始動ができなさそうな場合は、まずは一度JAFに相談してみるといいと思います。

「ロードサービスといえばJAF」というイメージがありますが、JAF以外にもロードサービスは色々ありますし、最近では自動車保険にロードサービスがついていたりすることもありますので、一度自動車保険の保険証券なども確認してみると良いでしょう。

ロードサービスを呼ぶメリットは、万が一、エンジンがかからない原因がバッテリー上がりではなく、その他の部品の故障などであった場合に、そのまま修理工場まで救援車で車を運んでいってもらえるというところにあります。

出典)現役JAF隊員がレッカー作業を実演してくれました!|YouTube

とにかくJAFのようなロードサービスを呼べば、エンジンがかからない理由がバッテリー上がりだろうと、その他の自動車の故障だろうと、いろんな解決策を提案してくれますので、メカに詳しくない人でもとにかく安心できる点が魅力です。

ただし、ロードサービスの場合、単にブースターケブルなどでエンジンを始動させてくれるだけで、弱ってしまっているバッテリーの充電や、バッテリーの交換をしてくれるわけではありません。

ですので、バッテリー上がり後は、使い続けているバッテリーの性能が劣化していないかチェックしておく必要があります。

なお、「自宅でバッテリーが上がってしまったのだけれど、時間的な余裕はあるし、ロードサービスを呼ぶための費用を節約したい!」とか、「自分はある程度メカには詳しいいので、やり方さえ分かればエンジンを始動させることができそうだ!」という人もいると思います。

この場合は、次のページで紹介するバッテリー上がり車のエンジンを始動する4つの方法(ブースターケーブル、ジャンプスターター、押しがけ、バッテリー交換)に挑戦してみるといいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



バッテリー

DIYメンテナンスマニア

当ブログ運営者。幼い頃からエンジン付きの乗り物に憧れがあり、大人になってから大好きな車のメンテナンス整備(ユーザー車検含む)を存分に楽しんでいる。自動車の個人売買(ヤフオクやメルカリなど)の経験もあるため、自分で名義変更手続きする方法も熟知。メカを楽しむ人向けにDIYメンテナンス情報をお届けしている。

DIYメンテナンスマニアをフォローする


DIYメンテナンスマニア
タイトルとURLをコピーしました