【バッテリー上がり】ブースターケーブルでエンジンをかける方法

バッテリー上がりをブースターケーブルでエンジン始動

ライトや室内灯の点けっぱなしでバッテリーが上がってしまい、エンジンがかからなくなってしまった・・・

そんな時に役立つのが「ブースターケーブル(ジャンプケーブル)」という道具で、この道具を使ってもう一台の車から電気を分けてもらうことで、バッテリーが上がってしまった車のエンジンをかけることができます。

今回は、このブースターケーブルを使ってバッテリー上がり車のエンジンを書ける方法について、具体的な手順から、作業をする際の注意点、エンジンがかかった後にやるべきことについて、ステップごとに写真付きで詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

バッテリー上がりの車のエンジンをかけるために必要なもの

まずはじめに、バッテリー上がりの車のエンジンを掛けるために必要なものについてお話していきます。

【必要な物その1】ブースターケーブル(ジャンプケーブル)

ブースターケーブルでバッテリー上がりのエンジン始動

ジャンプケーブルとは、バッテリーが上がってしまって動かなくなってしまった車のバッテリーと、その車に電気を供給するための車(救援車)を接続する際に使う道具のことです。

出典)ブースタケーブルによる救援。|一般社団法人電池工業会

ブースターケーブルの長さは3~10mの物がありますが、3mただと車の止め方によっては、ケーブルが届かないということもありますので、5mのタイプを選んでおくと余裕を持って作業ができると思います。

バッテリー上がりの車のエンジンをかけるために使うブースターケーブル

注意点として、ブースターケーブルはバッテリーの容量にあった仕様のものがあり、たとえば、ケーブル径の小さな低用量タイプのバッテリー用のブースターケーブルをつかって、容量の大きなバッテリーを搭載した車のエンジンを始動してしまうと、ケーブルが異常発熱してしまい、発火する危険もあります。

ここでバッテリーの容量とは、Ah(アンペアアワー)という単位で表示されているもののことをいいますが、バッテリー本体には記載がない場合がほとんどです。

バッテリーに記載の型番をネットで検索(例えば、「75D23R 容量」など)すれば、ご使用のバッテリーが何Ahのものであるか確認することができますので、それに対応したブースターケーブルを購入すると良いでしょう。

ケーブル選びに迷っている場合は、軽自動車であれば50~80アンペアに対応しているもの、一般的な普通自動車であれば80~120アンペアに対応しているもの、トラックなどの大型の車両であれば、150アンペアの電流にも耐えられるものを目安として選ぶと良いです。

引用)車のバッテリー(ブースター)ケーブルの選び方や種類について|グーネット

【必要な物その2】エンジンのかかる車(救援車)

バッテリーが上がってしまった車に電気を分けてあげる方の車も準備しておきましょう。

バッテリー上がりをブースターケーブルでエンジン始動

電気を分けてあげる方の車(救援車)の条件としては、今回バッテリーが上がってしまったノアに積まれているバッテリーの電圧が12Vなので、同じ12Vの電圧で動いている車を用意する必要があります。

というものの、基本的に一般的な車のほとんどは12V仕様なのでそのまま救援車として活用できます。

気をつけなければならないのは、2t以上のトラックや一部のSUV(ランクル、サファリ、パジェロ)等の場合、24Vのバッテリーを積んでいたり、12Vのバッテリーを2つ積んで24V仕様になっていたりしますので、注意が必要です。

バッテリー並列の場合のブースターケーブルのつなぎ方

出典)【1時限目】24Vバッテリー交換方法|世界一受けたいトラックメンテナンス授業

なお、外車も基本的には国産車と同じ12V仕様のものがほとんどですので、救援車として活用することができます。

【必要な物その3】ゴム手袋

ゴム手袋

ジャンプケーブルを使用する際は、感電のリスクを低減するために、絶縁素材のゴム手袋などを着用して作業することをおすすめします。

慣れている人などは、軍手や素手で行っていることを見たことがありますが、初心者の場合は、安全のためにもゴム手袋(家庭用のものでOK)を着用してくださいね。

次のページでは、ブースターケーブルを使ってエンジンをかける具体的な手順についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました