【バッテリー上がり】ブースターケーブルでエンジンをかける方法

バッテリー上がりをブースターケーブルでエンジン始動

ライトや室内灯の点けっぱなしでバッテリーが上がってしまい、エンジンがかからなくなってしまった・・・

そんな時に役立つのが「ブースターケーブル(ジャンプケーブル)」という道具で、この道具を使ってもう一台の車から電気を分けてもらうことで、バッテリーが上がってしまった車のエンジンをかけることができます。

今回は、このブースターケーブルを使ってバッテリー上がり車のエンジンを書ける方法について、具体的な手順から、作業をする際の注意点、エンジンがかかった後にやるべきことについて、ステップごとに写真付きで詳しく解説していきます。