【簡単タッチアップペン】アルミホイールのガリ傷をDIY補修する方法

【STEP1】ホイールのガリ傷部を脱脂する

車の飛び石修理で使うパーツクリーナー

まずはじめに、パーツクリーナーなどを使って、ホイールのガリ傷部の汚れや油分を取り除きます。

ホイール全体をきれいにする必要はありませんので、ガリ傷部だけきれいに脱脂してあげましょう。

【STEP2】タッチアップペンで塗装する

次はいよいよ塗装工程です。

今回補修に使ったタッチアップペンは、たまたま家にあったダイハツハイゼット用のファインシルバーという色のものです。

アルミホイールの補修に使ったタッチペン

ちなみに、タッチアップペンはホームセンターなどで500円程度で購入することが可能です。

どうしてこのタッチアップペンでアルミホイールを補修してみようかと思ったかというと、たまたまアルミホイールをハイゼットの横に並べたときに、アルミホイールとハイゼットのボディーの色がほぼ一緒だったからです。

実際にこのタッチペンを使ってホイールのガリ傷部に塗料を塗っていきます。

アルミホイールのガリ傷をタッチペンでDIY補修

タッチペンでホイールの傷に塗料を乗せる

アルミホイールのタッチペン補修

アルミホイールのタッチペン補修後

タッチペン補修のポイントは、ガリ傷の部分だけにペン先を使って塗料を置いていくという点です。

そうすることで無駄な凹凸をなくすことができますので、補修の仕上がりがキレイになります。

傷の補修部を拡大して見ているとガリ傷があったことがよくわかりますが、少し離れてみるとほとんどわからない状態になっています。

補修前のガリ傷の状態

アルミホイール補修前のガリ傷の状態

補修後のガリ傷の状態

補修後のガリ傷の状態

これであればオーナーの私が見てもほとんどわからないレベルなので、自分以外の人が見たらガリ傷があったことに気がつく人はまずいないでしょう。

お疲れ様でした。

これでホイールのガリ傷修理は完了です。

最後に一言

今回は、【簡単タッチアップペン】アルミホイールのガリ傷をDIY補修する方法についてお話しました。

この記事で紹介したように、ホイールのガリ傷はボディー用のタッチアップペンで補修塗装することが可能です。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!